このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/01/31(土曜) 21:44

ヨルダン、「パイロット殺害ならISISメンバーを処刑」

ヨルダン、「パイロット殺害ならISISメンバーを処刑」

ヨルダン政府が、テロ組織ISISがヨルダン人パイロットを殺害するなら、収監しているISISのメンバーを処刑すると主張しました。


ニュースサイト、パレスチナ・アルヨウムが31日土曜伝えたところによりますと、ヨルダン政府は、「ISISがヨルダン人のパイロットを殺害するなら、すぐに収監中のリシャーウィ死刑囚とその他数人のISIS の幹部の死刑を執行する」と主張しました。
ヨルダン政府は、ISISが設定したリシャーウィ死刑囚とヨルダン人パイロット・日本人の人質の交換の期限であった29日木曜夜が過ぎた後にこの発言を行いました。
ヨルダン軍は、「政府機関は、期限が切れた後も、人質交換のため、パイロットの生存に関する情報を集めようとしている」と発表しました。
日本人とヨルダン人の人質の殺害の期限は切れていますが、今も彼らの安否はわかっていません。
ISISは、リシャーウィ死刑囚を釈放しなければ、日本人とヨルダン人の人質を殺害すると脅迫しています。
これ以前に日本人の人質1名を殺害しているISISIは、2005年にヨルダンのアンマンで自爆テロに関与し、拘束されたイラク人女性リシャーウィ死刑囚の解放を求めています。
リシャーウィ死刑囚は、2006年死刑判決を受けましたが、控訴し、この問題は今も審理中です。

Add comment


Security code
Refresh