このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/03/01(日曜) 18:58

韓国大統領、従軍慰安婦問題で日本に謝罪を要求

韓国大統領、従軍慰安婦問題で日本に謝罪を要求

韓国のパク・クネ大統領が、日本政府に対し、従軍慰安婦問題についての謝罪を求めました。


フランス通信が韓国・ソウルから伝えたところによりますと、パク大統領は、1日日曜、日本政府に多くの時間は残っていないと強調し、従軍慰安婦問題について謝罪するよう求めました。
多くの歴史家によれば、第二次世界大戦中、20万人の慰安婦が強制連行され、そのほとんどは朝鮮人で、インドネシア人やフィリピン人、台湾人も含まれていたということです。
日本政府は、1993年に発表した河野談話で、旧日本軍がアジア人の女性たちを強制的に連行したことを正式に認めました。
日本の右派勢力は、この問題について常に曖昧な発言を行っており、これらの女性は強制的に連行されたものではないとしています。

Add comment


Security code
Refresh