このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/03/04(水曜) 21:43

アメリカ政府高官、「ネタニヤフ首相の発言は口先だけのもの」

アメリカ政府高官、「ネタニヤフ首相の発言は口先だけのもの」

アメリカ政府高官が、アメリカ議会でのシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相の演説の後、「ネタニヤフ首相の演説は、全て口先だけのものだった」と語りました。


ネタニヤフ首相は、3日火曜、アメリカ議会で、イランとイランの核活動に反対する演説を行いました。
この演説は目新しい点には触れておらず、これまでの主張が繰り返されました。
ネタニヤフ首相は、これまでの主張を繰り返し、イランはイスラエルだけでなく、全世界にとって脅威だとし、「イランはイスラエルを消滅させようとしている」と語りました。
ネタニヤフ首相は、これまでと同じようにイランとの核協議を攻撃し、「イランは核兵器の獲得を追求している」と主張し、世界の大国に対し、イランの核活動を阻止するよう求めました。
アメリカ政府高官は、この演説の後、CNNに対し、「ネタニヤフ首相の演説は全て口先だけの内容のないものだった」と語りました。
また別の高官も、3日、ロイター通信に対し、「ネタニヤフ首相はアメリカ議会での演説で、現在、進められているイランの核協議の代替案を提示することができなかった」と述べました。
この高官は匿名で、これについて、「イランが完全に要求をのむことを望めない。いかなる国も、このような立場について我々を支持することはないだろう」と語りました。

 

Add comment


Security code
Refresh