このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/06/13(土曜) 21:13

CIA、9.11テロへのサウジの関与に関する文書を削除

CIA、9.11テロへのサウジの関与に関する文書を削除

CIA・アメリカ中央情報局が、2001年のアメリカ同時多発テロ事件へのサウジアラビアの関与に関する文書の一部を削除しています。


プレスTVによりますと、12日金曜、アメリカ同時多発テロとサウジアラビアの関係に関する機密文書を含む、495ページにわたるCIAの報告書が発表されました。
この報告書の30ページには、「サウジアラビアに関する問題」というタイトルの部分があり、これはアメリカ同時多発テロでサウジアラビアが役割を果たしていたことに関するものですが、この部分では多くの段落やサウジアラビアという国名が削除されています。
この報告では、このテロ事件とサウジアラビアの関係について多くの疑問が提示され、このテロ攻撃での航空機のハイジャック犯のうち15名がサウジアラビア国籍だったことが述べられていますが、この報告の主要な部分では、このテロ事件にサウジアラビア政府が関与していたことを裏付ける公文書は全く存在しないと主張されています。
2001年の同時多発テロでは、およそ3000人が死亡し、アメリカは数百億ドル相当の損害を受けました。
アメリカ政府は、このテロの実行犯をテロ組織アルカイダと見なしていますが、多くの専門家はこのテロ事件の背後の存在について、多くの疑問を提示しています。

Add comment


Security code
Refresh