このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/08/16(日曜) 22:11

アメリカの共和党大統領候補、「世界はアメリカを嫌っている、だから核兵器を」

アメリカの共和党大統領候補、「世界はアメリカを嫌っている、だから核兵器を」

アメリカ大統領選挙の共和党の候補者指名争いに出馬したトランプ氏が、国際社会がアメリカを嫌悪していることを認め、「そのために、アメリカは核兵器を増やすべきだ」と語りました。


IRIB記者によりますと、トランプ氏は、世界がアメリカを嫌っていることを認め、「アメリカが他国から嫌がらせうけないためにも、我々は核兵器を増やし、強力な軍隊を保有すべきだ」と語りました。
世論操作で支持率首位に立つトランプ氏は、「核兵器の使用を余儀なくされることがないよう望むが、我々は備えを持つべきだ。なぜなら世界は我々を強く嫌悪しているからだ」と述べました。
トランプ氏は、「アメリカの政策への反対により、アメリカは軍事力を拡大し、誰もアメリカと対峙する勇気を持たないような厳しい行動を取るべきだ」としました。

Add comment


Security code
Refresh