このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/01/20(水曜) 23:12

サウジアラビアのイエメン攻撃で、新たに数十名が死傷

サウジアラビアのイエメン攻撃で、新たに数十名が死傷
イエメン各地に対するサウジアラビアの空爆で、新たに数十名のイエメン人が死傷しました。

イエメン国営サバー通信によりますと、イエメン攻撃の開始から通算して300日目を迎えた20日水曜、サウジアラビア軍はイエメン北部サアダ州に対し2つの別個の攻撃を実施し、これによりイエメン人14名が死亡、ほか5名が負傷しています。

さらに、イエメン南部タイズ州にある学校への爆撃で、在校生9名と女性教師1名が死亡、ほか8名が負傷しました。

サウジアラビアは、地域の一部のアラブ諸国と連合軍を結成し、アメリカに同調して昨年の3月末からイエメンに対する大規模な攻撃を開始しました。

この攻撃の目的は、解任されたイエメンのハーディ元大統領を復権させ、現在イエメンの各都市の治安維持を担っているイエメンの革命家たちの台頭を阻止することにあります。

この攻撃の影響で、これまでに女性や子供を含む数千人のイエメン人が死傷したとともに、数万人が住む家を失い、また同国のインフラやサービス・医療施設の80%が破壊されています。

Add comment


Security code
Refresh