このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/01/25(月曜) 20:16

イラン革命最高指導者事務所、「米とイスラエルがテロリストを組織化」

イラン革命最高指導者事務所、「米とイスラエルがテロリストを組織化」
イランイスラム革命最高指導者事務所のモハンマディ・ゴルパーイェガーニー師が、「アメリカとイスラエルは、テロ組織とタクフィール派の出現の元凶だ」と語りました。

イスナー通信によりますと、モハンマディ・ゴルパーイェガーニー師は25日木曜、ある式典において、「テロ組織ISISやヌスラ戦線、タリバン、アルカイダといったタクフィール派の集団は、アメリカやシオニスト政権イスラエルが地域で自分たちの目的を達成する目的で形成された」と述べています。

また、欧米諸国の若者に対するイスラム革命最高指導者ハーメネイー師の最近の2通の書簡について、「若者は、清らかな心と本質を持っており、真実を求めている。だがそうした中で、西側諸国の政治家たちは、真実が若者たちの目に触れないようにしている」としました。

さらに、「西側諸国の若者は、イスラムやシーア派恐怖症を起こすという政治家たちの陰謀に気づくべきだ」と語っています。

モハンマディ・ゴルパーイェガーニー師はまた、「ハーメネイー師は若者に対し、オリジナルな資料に基づいてイスラムを理解し、聖典コーランを読むよう奨励しているが、それはコーランが常に人間性を尊重していることによるものだ」と述べました。

Add comment


Security code
Refresh