このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/01/29(金曜) 20:53

ヨーロッパでイスラエルに対する嫌悪が増加

ヨーロッパでイスラエルに対する嫌悪が増加
ヨーロッパで、シオニスト政権イスラエルに対する嫌悪が拡大しています。

シオニスト政権イスラエルの高官やメディアは、イスラエルに対するヨーロッパの人々の嫌悪の拡大を懸念しており、その事実を認めているということです。

シオニスト系の新聞イェディオト・アハロノトは、25日、報告の中で、BDSイスラエルボイコットキャンペーンが支持者を増やしていることを認めています。

シオニスト政権の教育大臣も、ネタニヤフ首相への報告の中で、ヨーロッパ社会でイスラエルに対する嫌悪が高まっているとしました。

この報告では、EU諸国の人々の40%以上が、「イスラエルはパレスチナ人の大量殺戮戦争を開始し、ナチス・ドイツのように行動している。ヨーロッパのユダヤ教徒への攻撃が拡大し、ヨーロッパの政府はユダヤ教徒を十分に支援していないと考えている」とされています。

イギリスの新聞ガーディアンは、最近、「オックスフォードやケンブリッジをはじめとするイギリスの72の大学や文化センターの343人の教授が、イスラエルの大学との研究協力を停止した」と伝えています。

Add comment


Security code
Refresh