このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/02/20(土曜) 22:09

トランプ氏、「アメリカがISISを出現させた」

トランプ氏、「アメリカがISISを出現させた」
アメリカ大統領選挙の共和党の有力候補、トランプ氏が、アメリカが2003年にイラクに侵攻したことが、テログループの出現につながった、としました。

トランプ氏は、18日木曜、CNNのインタビューで、2003年のアメリカのイラク侵攻を批判すると共に、「アメリカがなぜイラクに介入し、侵攻から何年もたった今もイラクで大量破壊兵器が見つかっていないのか、誰も分からない」と述べました。

トランプ氏は、アメリカのブッシュ前大統領にこの悲劇的な決定の責任があるとし、「この措置により、ISISの出現、リビアやシリアでの紛争、さらにヨーロッパの難民問題、テロの脅威拡大の下地が整えられた」としました。

トランプ氏はISISの形成におけるアメリカの役割を認め、「このグループは過去数年、アメリカや一部の西側諸国及び地域諸国から資金・軍事面での支援を得て、イラクやシリアで多くの犯罪を行っている」としました。

アメリカが主導する対ISIS連合も、過去1年半以上の間、シリアやイラクのインフラの破壊以外の結果を出していません。

Add comment