このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/04/07(木曜) 20:53

イラン大統領、イランの核産業の新たな業績を公開

イラン大統領、イランの核産業の新たな業績を公開
イランのローハーニー大統領が、イラン人学者の核産業における最新の業績を公開しました。

イラン大統領府のインターネットサイトによりますと、ローハーニー大統領は、7日木曜、“遠心分離機ゾナル”、“遠心分離機ウルトラ”とアラーク現代原子炉試験燃料施設などを公開しました。

遠心分離機ゾナルは、インフルエンザやB型肝炎などのワクチンの大量生産に利用されます。

一方、遠心分離機ウルトラは、生物学や石油化学の分野などに利用されます。

ローハーニー大統領は、これらの業績の公開式典で、「イラン国民の核技術利用の権利は、世界の国々や国際機関から正式に認められている」と語りました。

イラン暦ファルヴァルディーン月20日にあたる4月8日は、イランで核技術の日とされています。

Add comment


Security code
Refresh