このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/04/08(金曜) 19:31

テヘラン金曜礼拝、「抵抗経済の実現には、効果的な措置と全ての人の協力が必要」

テヘラン金曜礼拝、「抵抗経済の実現には、効果的な措置と全ての人の協力が必要」
8日に行われたテヘラン金曜礼拝で、イマーミーカーシャーニー師が説教を行い、イランの経済発展のために抵抗経済を実現するには、効果的な措置と全ての人の協力が必要だとしました。

イマーミーカーシャーニー師は、「最高指導者がイラン暦の今年のスローガンとして発表した“抵抗経済、実行と行動”は、イランの国民とすべての機関の努力によってのみ、実現する」と強調しました。

また、「イランが経済分野で成功を収めれば、政治、文化、社会の分野でも間違いなく成功するだろう。そのため、全ての機関は真剣に行動を実行に移し、政府もそれを支援すべきだ」としました。

さらに、イラン国民はこれまで同様、最高指導者を中心にさまざまな分野に参加し、イスラム体制の利益と栄誉のために歩みを進めるだろうとしました。

イマーミーカーシャーニー師は、アメリカの過去の約束反故に触れ、「アメリカは、イランに対する制裁を続けることで、核合意に対する取り決めに違反している」と語りました。

また、敵は常に、イランにダメージを与えようとしていると強調し、「アメリカは、イランに対する敵対を続けることにより、決して信用できない相手であることを改めて証明した」と語りました。

Add comment