このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/04/11(月曜) 18:53

ロシア外相、世界の多極体制の強化を強調

ロシア外相、世界の多極体制の強化を強調

ロシアのラブロフ外務大臣が、ロシアは世界の多極体制の強化と拡大を目的に、自国の外交政策を調整していると表明しました。

イルナー通信によりますと、ラブロフ外相は、10日日曜、ロシア外交・防衛政策評議会の会合で、「世界の多極体制は、将来の理想的な状況の中で、国際問題の共通の解決を目指し、世界を牽引する国々を中心にした協力に基づくべきだ」と語りました。

また、世界は一極体制から多極化に向かっているとし、「世界の多くの国がこの見解を受け入れているが、世界の多極体制という構想が全ての国に支持されたとしても、それを実現するのは非常に難しい」と語りました。

さらに、「世界の効果的な運営を確保するために、すべての国が平等に参加するアプローチが、一部の西側諸国の抵抗に直面している中で、世界の多極化の道に横たわる障害は増えるだろう」と述べました。

ロシアは、10年ほど前から、アメリカが主張する一極体制に反対し、多極体制の確立を外交政策の優先に据えてきました。

ロシアのプーチン大統領は、最近これについて、「アメリカが主導する一極的な体制は、ロシアにとって容認できないものであり、ロシアは決して、そのような体制を受け入れない」と述べました。

Add comment