このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/04/11(月曜) 21:05

ドイツで、6000人の難民の子供が行方不明

ドイツで、6000人の難民の子供が行方不明
ドイツ内務省が、2015年、同国で5800人以上の難民の子供が行方不明にあったと発表しました。

ドイツのメディアが11日月曜、ドイツ内務省の話しとして伝えたところによりますと、昨年、5800人以上の難民の子供が同国で行方不明になり、そのうち555人が14歳以下だったということです。

この報告ではさらに、「行方不明になった難民は主にアフガニスタン、シリア、エリトリア、モロッコ、アルジェリアの出身者だった」としています。

ドイツ内務省は、難民が行方不明になった理由を確認することができないでいます。

ドイツは、中東や北アフリカの戦争や貧困から逃れ、生活の向上を求めてヨーロッパに渡ってきた難民が目指す地となっています。

ドイツ内務省は、ドイツは昨年、110万人以上の移民を登録したとしています。

こうした中、ドイツのニュースメディアは、登録された難民は50万人以上だと伝えています。

EUは第2次世界大戦以来、最悪の難民危機に直面しています。

ヨーロッパの機関の統計によれば、2015年、183万人以上がヨーロッパに入りました。

Add comment


Security code
Refresh