このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イラン公益評議会のラフサンジャーニー議長が、テログループによる大量破壊兵器の獲得に懸念を表明しました。
イランのザリーフ外務大臣が、ナゴルノカラバフ問題に関して、アゼルバイジャンとアルメニアの外務大臣と会談しました。
シリアのカラムン地区に対する政府軍の攻撃で、テロ組織ISISのメンバー数十名が死亡しました。
スウェーデン・ストックホルム国際平和研究所の最新の報告から、2015年の世界の軍事費が増加していることが明らかになりました。 … …
韓国に対するイラン産原油の輸出が倍増しました。
イラン・イスラム革命防衛隊のジャアファリー総司令官が、イスラム革命防衛隊など革命の部隊は敵が勢力を及ぼす道を閉ざすだろうとしました。 … …
イラン原子力庁のキャマールヴァンディー報道官が、同国中部にあるアラーク重水炉の再設計をめぐる、中国との協議の進展のプロセスは好ましいものだとしました。 … …
アメリカ大統領選の共和党内の候補を争うとトランプ氏の核兵器の使用に関する表明は、世界の治安を脅かし、核テロの危険性を拡大させています。 … …
ロシアのリヤブコフ外務次官が、「ロシア政府は、シリアのアサド大統領の今後については、アメリカと合意していない」と語りました。 … …
イラン証券取引機関が、IOSCO・証券監督者国際機構に加盟しました。
日本が、尖閣諸島周辺に巡視船12隻を配備したことを明らかにしました。
イランのザリーフ外務大臣が、アルメニアとアゼルバイジャン共和国の対立の平和的な解決を求めました。
イランと日本の領事協議が、両国の関係のさらなる拡大を強調し、開催されました。
イラン司法府のアーモリーラーリージャーニー長官が、4日月曜のイラン司法関係者の会合で、イランのミサイル力の強化を強調し、「表現の自由を口実に、イランの軍事、治安、ミサイルの分野の業績や努力、能力に疑問を呈し、それを弱めて妨害することは、イランのイスラム体制の理念に対する裏切りである」と語りました。 … …
昨年3月から今年3月までの期間におけるイランの各種石油化学製品の輸出量は、およそ1900万トンであったことが明らかになりました。 … …
オーストラリアのターンブル首相が、日本と韓国の核兵器保有に関するトランプ氏の表明を非難しました。
シリアのアサド大統領が、「我々がシリア危機から得た最も重要な教訓は、西側が信用できないこと、問題の解決を西側に頼るのは不可能だということだ」と語りました。 … …
バーレーンの人権を支持するNGO団体が、2015年の同国の人権の大規模な侵害に関する衝撃的な報告を提示しました。
イランのローハーニー大統領が、イラン暦の今年1395年を抵抗経済における実行と行動のための努力と管理の年だとしました。
イラク各地で爆弾テロ事件が発生し、多数のイラク市民が死傷しました。