このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イラン軍のサーレヒー総司令官が、国際的に重要な任務を遂行する上での海軍の能力が増加するとしました。
IAEA・国際原子力機関の天野事務局長が、イランは、核合意の枠組みにおいて、自国の全ての取決めを履行しているとしました。
複数の報告によりますと、アメリカ大統領選挙の共和党予備選挙で、トランプ氏が失速しています。
世界の複数の指導者が、核テロの脅威の拡大に関して警告を発しました。
シリアに派遣されたテロリストの国内人口に占める割合が最も高い国は、ベルギーとなっています。
国際人権団体ヒューマンライツウォッチが、サウジアラビアはイエメンの人々に対し、国際法規を違反しているとしました。
アメリカ軍兵士1名が、女性に対する暴行容疑により、沖縄で取調べを受けていると報じられています。
サウジアラビア軍が、イエメン各地への攻撃を継続しています。
中国が、南シナ海の防空識別圏を設定する政策を支持するとしました。
ドイツの活動家たちが、デモを行い、核兵器の拡散に抗議しました。
イランのアーシェナー文化担当大統領顧問が、アメリカの政府関係者に対して、「イランを、キューバや旧ソ連と単純に比較するのは誤りである」と語りました。 … …
国連安保理は、理事会において、イランのミサイル実験に関する立場をまとめることができませんでした。
日本政府が、声明の中で核兵器の保有に関する憲法を変えることはないとしました。
イランのタンカーの保険に関する状況が改善されたことで、今年、日本のイラン産原油の輸入量が増加すると見られています。
アメリカ、日本、韓国の首脳が、ワシントンでの核安全保障サミットの傍らで、北朝鮮の核活動など、さまざまな問題について3者協議を行いました。 … …
アメリカとフランスの大統領が、テロ組織ISISとの共通の戦いの継続を強調しました。
1日に行われたテヘラン金曜礼拝で、セッディーギー師が説教を行い、イランはすべての国との関係拡大を追求しているとし、「イスラム革命勝利後、イラン国民は常に、シオニスト政権を除く世界の全ての国との建設的な関係を求めてきた。一方で、イスラム革命勝利後の時代に、アメリカが、イランへの敵対をやめることはなかった」と語りました。 … …
イエメン軍が、サウジアラビアの領土の一部を掌握しました。                 
イランのアミールアブドッラーヒヤーン・アラブアフリカ担当次官が、「イランはパレスチナの虐げられた人々への支援を継続する」と語りました。 … …
アメリカと中国の一部の問題を巡る対立が続いています。