このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/03/20(日曜) 19:24

最高指導者が、イラン暦新年に際してメッセージ

最高指導者が、イラン暦新年に際してメッセージ
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、イラン暦の新年ノウルーズに際してメッセージを寄せ、全てのイラン人、祖国の人々に新年の祝辞を述べると共に、新しい年を、「抵抗経済と実行と行動」の年と名づけました。

ハーメネイー師は、20日日曜、イラン暦の新年の始まりが預言者の娘ファーティマの生誕日と重なったことに触れ、今年がイラン国民にとって恵みの多い年となり、この偉大な女性の精神性を活かすことで、その人生と指導に学ぶよう期待しているとしました。

また、イラン暦の昨年について分析し、昨年も例年と同じように、よい出来事と悪い出来事、数々の機会と問題を経験した年だったとし、「メナーの惨事という苦い出来事から、2月26日の選挙、革命記念日の行進という喜ばしい出来事、そして核合意とそれに伴う希望や不安、これらは皆、イラン暦昨年の出来事だった」と述べました。

さらに、新しい年の希望、機会、脅威に触れ、「さまざまな機会を言葉が意味する通りに活用し、脅威をチャンスに変え、一年の終わりに明らかな違いが見られるようにするのが芸術であり、さまざまな希望を実現するためには、弛まぬ努力が必要だ」と強調しました。

ハーメネイー師は、イラン国民の全体の動きにおける根本的な点を述べ、「イラン国民は、敵の脅威の影響を0にするようにすべきだ」と語りました。

ハーメネイー師は、この重要な動きにおける急務は、経済問題であるとし、「イランの体制責任者、政府、国民が、経済問題において正しく適切に行動すれば、この活動が、社会や道徳、文化といった別の問題にも影響を及ぼすことが期待される」と述べました。

さらに、国内の生産、雇用の創出と失業率の抑制、経済の繁栄と停滞への対策は、国家の経済における主な問題だとし、「これらは国民の問題の一部であり、国民はそれらを感じて求めている。体制責任者の発言や統計も、この国民の要求がもっともなものであることを示している」と述べました。

また、抵抗経済は経済問題を解決し、国民の要求に応えるものだとし、「抵抗経済により、失業や停滞に対処し、物価の高騰を抑え、敵の脅威に対抗し、国に多くの機会をもたらすと共に、それらを活用することができる」と述べました。

ハーメネイー師は、これらを実現するための条件は、抵抗経済に基づく努力であるとし、体制責任者の責務は、抵抗経済における行動だとし、「抵抗経済のさまざまな計画の実行を続け、地上における行動の結果を国民に示すべきだ」と強調しました。

さらに、抵抗経済と行動は、国家のさまざまな必要性を満たすための正しく明らかな道であるとし、この分野で努力する全ての人に感謝を述べ、「行動が正しい計画を伴ったものであれば、間違いなく、一年の終わりにはその成果が見られるだろう」と語りました。

Add comment