このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/04/07(木曜) 21:46

最高指導者、イラン国民の問題解決と国益のためのあらゆる措置への支援を表明

最高指導者、イラン国民の問題解決と国益のためのあらゆる措置への支援を表明
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、改めて、イラン国民の問題解決と国益のために有益なあらゆる措置を支援すると表明しました。

ハーメネイー師は、6日水曜、政府閣僚、国会議長団、司法府幹部、その他一部の機関の関係者と会談し、抵抗経済政策の実施を追求するための政府の努力に感謝すると共に、この政策を実施する上で、国家の責任者の連帯、言葉の統一、協力が非常に重要だとしました。

ハーメネイー師は、「抵抗経済の本部は、政府と第一副大統領の指示により、すべての機関の協力と支援、国内の生産への真剣な支援、さまざまな部門の活動の正確な監視と共に、抵抗経済における実行と行動の実現に向け、全面的な措置の下地を整えるべきだ」と強調しました。

さらに、抵抗経済における実行と行動は、今年の終わりに、さまざまな分野における活動の具体的かつ正確な報告を提示できるような形にすべきだとし、「執行機関は、抵抗経済政策を実現する力を持っている」と述べました。

ハーメネイー師は、「抵抗経済政策の実施においては、国内の多くの可能性や能力を支えにし、生産は、工業と農業の2つの分野で特に注目されるべきだ」と強調しました。

さらに演説の一部で、アメリカは、悪い性質の象徴だとし、「アメリカは信用できない。アメリカの他にも、一部の西側諸国も同じように信用できない。そのため、我々は自分たちの能力を信じるべきだ。アメリカ政府高官の立場や行動も、そのことを証明している」と述べました。

また、体制責任者の連帯、言葉の統一、協力は、抵抗経済の実現の土台になるとし、「イランは常に、国民の統一という特徴を持ってきた」と強調しました。

この会談では、ジャハーンギーリー第一副大統領が、最高指導者の指導と政府への支持に感謝し、「政府は、抵抗経済政策を実施するための包括的な計画を作成しており、この政策は、イランの経済問題を解決するためのものだ」と述べました。

Add comment