このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/01/22(金曜) 20:05

イランとスイス、協力拡大に関して協議                

イランとスイス、協力拡大に関して協議                
イラン大統領府のナハーヴァンディヤーン長官とスイスのシュナイダーアマン大統領が、両国の関係の拡大について話し合いました。

イルナー通信によりますと、ナハーヴァンディヤーン長官は、21日木曜、スイスで開催中の世界経済フォーラム年次総会・ダボス会議の傍らで、シュナイダーアマン大統領と会談し、さまざまな分野の両国の関係レベルの向上を歓迎すると共に、「制裁の解除と包括的共同行動計画の実施と同時に発表された貿易指針、イランが関係拡大のために計画している準備により、さまざまな分野での協力の可能性が整うだろう」と強調しました。

また、「スイスは、常に、イランやその他の国との関係において果たしてきた肯定的な役割により、イランにとって、高いレベルでの良好な貿易相手と見なすことができる。経済や財政など、さまざまな分野での協力と関係を拡大する可能性が存在しており、これに関して、スイスの銀行は、イランと共同の活動を促進することができる」としました。

一方のシュナイダーアマン大統領も、この会談で、包括的共同行動計画の正式な実施に祝辞を述べ、さまざまな分野、特に経済分野でのイランとの関係レベルの向上を歓迎しました。

さらに、包括的共同行動計画を肯定的に評価し、「スイスはこの問題を、イランや合意の相手国のみならず、地域や世界レベルにおいても有益で肯定的なものだと見なしており、イランとスイスの経済関係の向上に対して真剣な歩みが進められるよう期待している」と述べました。

また、近く行われる自身のイラン訪問について、「この訪問で、良好な合意が得られ、イランとスイスの関係拡大に対して、さまざまな分野で最高のレベルで措置が講じられるよう期待している」と語りました。

Add comment


Security code
Refresh