このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/02/23(火曜) 19:44

イラン国会議長が、イランでの核技術が維持され、制裁が解除」

イラン国会議長が、イランでの核技術が維持され、制裁が解除」
イランのラーリージャーニー国会議長が、イランのイスラム共和制は、イランの核問題を国内での核技術を維持し、制裁を解除した形で終結させたが、このことはイランの歴史上に永遠に刻まれたと語りました。

イルナー通信によりますと、ラーリージャーニー議長は22日月曜夜、テヘラン南部にある聖地ゴムで、「核協議は、最高指導者の考案や政府の努力により、対イラン制裁が解除され、イラン国内で核技術が維持されることになった」と述べました。

また、「イスラム法学者による統治つまり最高指導者に従ったことはイスラム革命や多くの問題の解決の道を開けた」としました。

ラーリージャーニー議長はさらに、「イラン国民は、団結によってあらゆる問題を克服することに成功した」とし、「今月26日に実施される議会選挙や専門家会議選挙への様々な意見を持つ人々の参加は、イランの将来に影響を与えるものだ」と語りました。

Add comment


Security code
Refresh