このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イランの核の業績
イランのザリーフ外務大臣が、包括的共同行動計画の実施におけるアメリカの行動や措置を監視すべきだとしました。
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「イランは包括的共同行動計画のあと、核活動の新たな時代に入る」と表明しました。
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「イランと6カ国の核協議の結果は、イランの平和的核活動に対する西側のアプローチを変えた」と語りました。 … …
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「イランはウィーンの合意で設定された計画と包括的共同行動計画に基づいて、自らの取り決めを実行する」と語りました。 … …
イラン原子力庁のキャマールヴァンド報道官が、イランは核の分野で各国と協力する意向があるとしました。
イラン外務省のアラーグチー国際法担当次官が、「包括的共同行動計画実施に向けた相手側の文書の保証という最高指導者の最初の条件が実現された」と語りました。 … …
イランのラーリージャーニー国会議長が、「イランは、制裁解除や経済関係の整理といった要求を持っていたが、総じて包括的共同行動計画がその可能性をもたらしている」と語りました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、名誉に基いた国際的な協力、国家と体制の利益の確保、最高指導者の指示の実現といった3つの原則に注目することは、包括的な共同行動計画の実行に必要とされる主要な要素だとしました。 … …
イランのアラーグチー外務次官が、「包括的共同行動計画の実施段階はおおよそ始まっており、双方はこれに関して必要な措置の実施を開始している」と語りました。 … …
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「包括的共同行動計画に基づき、イランの技術的な取り決めを実施する準備が整った」と語りました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、「ウィーンでの包括的共同行動計画の実施に関する6カ国との協議は建設的で、良好なものだった」と語りました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、29日木曜夕方、シリア情勢に関して話し合う協議が始まる前に滞在先でアメリカのケリー国務長官と会談しました。 … …
アメリカのケリー国務長官が、イランが核の合意の取り決めを守っていることを認めました。
イランのラーリージャーニー国会議長が、核問題におけるイランの最高指導者の役割は、効果的で決定的なものだとしました。
テヘランに西アジアで初めての放射線治療を専門とする病院を建設する合意が、イラン原子力庁のサーレヒー長官と、イランのガーズィーザーデハーシェミー保健医療教育大臣の署名により締結されました。 … …
イラン原子力庁のキャマールヴァンディ報道官が、イランとロシアの濃縮ウラン交換協定を詳細に調整したと伝えました。
イラン中央銀行のセイフ総裁が、「西側の独自制裁の解除は、イランにとって、新たな展望の始まりになる」と語りました。
アメリカのケリー国務長官が、イランは包括的共同行動計画に記されている措置すべてを受け入れているとして、イランは真剣にこの計画を実行していると考えられると語りました。 … …
イランのローハーニー大統領が、最高指導者のハーメネイー師に宛てた書簡の中で、ハーメネイー師の支持や導きに感謝を述べ、「包括的共同行動計画に沿った相手側の取り決めの実施は、完全な賢明さを持って監視され、国家安全保障最高評議会で適した反応を示すために必要な決定が下されるだろう」と記しました。 … …
イラン原子力庁が、アラーク重水炉の改築に関するイラン、アメリカ、中国の共同声明の内容を発表しました。