このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イランの核の業績
共和党が多数を占めるアメリカの下院は、イランと6カ国の核の合意に関して提示された計画、包括的共同行動計画を否決しました。
アメリカ共和党が、イランとの核の合意を承認しないとする決議案を上院で採択することに失敗しました。
非同盟諸国が、声明を発表し、ウラン濃縮活動などイランの核計画を支持しました。
エジプトの新聞が、シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相とAIPACアメリカ・イスラエル公共問題委員会の核の合意を否決させるための計画は失敗に終わった、と伝えました。 … …
スペインのマルガージョ外務大臣が、「イランは核活動の平和性を世界に証明した」と語りました。
イランのナジャフィーIAEA大使が、イランのパールチーン軍事施設に関するIAEA事務局長の表明に対して、「イランは、IAEAが行動計画の実施に集中すべきだと考えている」と語りました。 … …
IAEA・国際原子力機関理事会が、7日月曜、オーストリア・ウィーンで会議を開催します。
イラン原子力庁のサーレヒー長官が、この機関の核活動は今後10年は国会に収入をもたらすだろうとしました。
イランのラーリージャーニー国会議長が、「核の合意書によると、6カ国が取り決めを守らない場合、イランも取り決めの実施が義務でなくなる」と語りました。 … …
イラン外務省のアフハム報道官が、アメリカのケリー国務長官のイランの核計画に関する表明は、誇張を含む誤ったものだとしました。 … …
イラン核協議団のメンバーを務めたアラーグチー外務次官が、「イランでのウラン濃縮は、1日たりとも停止されることはない」と語りました。 … …
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「ウィーンの核合意は世界に対してイラン国民の合法性を証明した」と語りました。
イランのサーレヒー原子力庁長官が、イランと中国が、100メガワットの発電所の建設において協力することを明らかにしました。
イランのナジャフィーIAEA大使が、「IAEA国際原子力機関の天野事務局長の新たな報告は、イランの核活動がIAEAの監視下で継続され、そこに逸脱がないことを示している」と語りました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、「包括的共同行動計画は、イランにとって政治、経済、文化的な機会である」としました。
イランと中国の原子力庁長官らが、平和目的の原子力分野での協力拡大を強調しました。
イラン原子力庁のサーレヒー長官が、核エネルギー分野における中国との協力拡大の必要性を強調しました。
イランのローハーニー大統領が、イランと6ヶ国による包括的共同行動計画に基づき、イランの核産業の商業化が始まるとしました。
アメリカのキリスト教の指導者数十名が、イランと6ヶ国の核協議の成果を支持し、アメリカ議会に対し、イエスキリストの理性を思い起こし、この歴史的な合意に反対しないよう求めました。 … …
イラン公益評議会議長のラフサンジャーニー師が、「アメリカ議会の包括的共同行動計画への反対は、アメリカのためにならない」と語りました。 … …