このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イランの核の業績
アラブ連盟のムーサー事務局長が、シオニスト政権イスラエルが核兵器の保持を強調していることは、中東に核競争を招くものだと警告を発しました。プレスTVによりますと、ムーサー事務局長は、24 日金曜、アメリカ・ニューヨークで記者会見を行い、「誰も中東で核兵器を持つべきではなく、誰もが中東の核兵器の廃絶を確信できるようにすべきだ」と語りました。また、IAEA国際原子 …
JCJ・日本のジャーナリスト会議が、イルナー通信の記者の提案を受け入れました。日本ジャーナリスト会議は、核兵器に反対する国際ジャーナリスト協会の設置に関するイルナー通信のジャーナリストの提案に同意しました。イルナー通信によりますと、日本ジャーナリスト会議は、最近の会合で、核兵器に反対する国際ジャーナリスト協会を設立するというイルナー通信の提案を、過半数で可決 …
イランのアフマディネジャード大統領が、国連安保理常任理事国とドイツの6カ国との核協議は、10月に再開されることを明らかにしました。アフマディネジャード大統領は、アメリカ・ニューヨーク訪問の最終日にあたる24日金曜、イラン政府は、協議再開の用意があると強調し、「イランは以前、協議の条件について述べた」としました。また、6カ国とイラン代表との協議の日時は、調整中 …
ロシアのラブロフ外務大臣が、アメリカのテレビ局のインタビューで、「イランが核兵器獲得を目指している証拠は存在しない」と語りました。イルナー通信によりますと、ラブロフ大臣は、「イランが兵器製造レベルのウラン濃縮作業を決定している証拠もない」と語りました。また、ロシアはイランと協力し、文化的に古い関係を有してきたとし、「ロシア政府は、安定した、重要な国際社会の一 …
イランのサーレヒー原子力庁長官が、現在行われているIAEA国際原子力機関の第54回総会について説明しました。イルナー通信が23日木曜夜、伝えたところによりますと、サーレヒー長官は、IAEA事務局長の発言におけるイラン核問題への言及が一時的なものであること、そして中国とロシアがこの問題を取り扱う意向がないことを、この総会での重要な成果であるとしました。サーレヒ …
イランのアフマディネジャード大統領が、アメリカ・ニューヨーク訪問の5日目で、トルコ大統領やブラジル外務大臣など、一部の国の政府関係者と会談を行いました。アフマディネジャード大統領は、国連総会と国連ミレニアム開発目標サミットに出席するため、ニューヨークを訪問しています。トルコのギュル大統領は、アフマディネジャード大統領との会談で、「イランとトルコの関係のさらな …
IAEA国際原子力機関の天野事務局長が、テヘラン研究炉で使用される核燃料の交換問題を追及することに関心を表明しました。イランのサーレヒー原子力庁長官は、22日水曜、オーストリアの首都ウィーンで、天野事務局長との会談後、「この会談では両者とも、イラン核問題の解決への意欲を表明した」と述べました。サーレヒー長官は、この会談は好ましい協力の始まりとなり得るとし、「 …
国連安保理常任理事国とドイツの6カ国が、アメリカ・ニューヨークでの会議で、イランとの核協議の継続を強調しました。イルナー通信がニューヨークから伝えたところによりますと、6カ国の代表は、22日水曜、会議の終了後、声明を発表し、イランとの早急な協議の実施を求めました。6カ国はこの声明の中で、さらに、「その目的は、協議によって長期的な解決策を手にするための努力を継 …
ブラジル、ロシア、インド、中国から構成されるBRICsが、対イラン独自制裁の発動に反対しています。ロイター通信がアメリカ・ニューヨークから伝えたところによりますと、ブラジルのアモリン外務大臣は、「我が国は、ロシア、インド、中国と共に、イランに対して受け入れがたい独自制裁を発動している国々を非難するよう国連に求める草案を提示している」と表明しています。この草案 …
イラン原子力庁のサーレヒー長官が、「イランの核活動に関する、IAEA国際原子力機関の最近の報告は不公正である」と語りました。サーレヒー長官は、20日月曜、プレスTVとの独占インタビューにおいて、IAEAの天野事務局長の最近の報告は公正さに欠けるとした上で、「イランは、IAEAとこれ以上ないほどの協力を行っている」と述べています。また、イランの核施設が全てIA …
アメリカのオバマ大統領が、イランの核問題の解決には、外交手段以外の方法はないことを認めました。イルナー通信によりますと、オバマ大統領は20日月曜、CNNとのインタビューにおいて、アメリカがイラン核問題を外交手段によって解決する用意を整えていることを強調し、「私の考えたところでは、外交以外の選択肢はイランの核問題の解決には、全くふさわしくない」と語りました。ア …
イランの核問題を巡る国連安保理常任理事国とドイツの6ヶ国の会議は、具体的な成果を挙げず終了しました。イルナー通信が21日火曜、ロシアの首都モスクワから伝えたところによりますと、ロシア外務省は6ヶ国協議に参加する国の外務省の代表らが、2日月曜、ニューヨークで行われている国連総会の傍ら、イランの核問題に関して話し合いを行ったと発表しています。西側諸国、特にアメリ …
イラン外務省のメフマーンパラスト報道官が、イラン核開発に関するIAEA国際原子力機関の報告は、政治的な影響と、特定の数カ国の圧力を受けたものだとしました。IRIB記者が伝えたところによりますと、メフマーンパラスト報道官は、21日火曜、定例記者会見で、「イランに関するIAEA事務局長の報告の内容は、一部、イランに対する非合法な安保理決議の内容がそのまま書き写さ …
イランのアフマディネジャード大統領が、アメリカの政府関係者に対し、「イラン国民は制裁をチャンスに変えることを疑ってはならない。なぜなら、これはイラン人の文化だからである」と語りました。イルナー通信が伝えたところによりますと、アフマディネジャード大統領は、アメリカ・ニューヨークの訪問の3日目となる20日月曜、アメリカの第13チャンネルのインタビューに応じ、「対 …
160 / 160 ページ