このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イランの核の業績
イランのIAEA・国際原子力機関大使が、「イランの核計画に関する6カ国の決議案は、IAEA理事国の全会一致により採択され、イランの過去と現在の核問題は恒久的に終結することが予想される」と語りました。 … …
イラン外務省のジャーベリーアンサーリー報道官が、包括的共同行動計画の実行開始は来年の初頭になることを明らかにしました。
イランのラーリージャーニー国会議長が、「イランは協議で正しい道を選択した。なぜならこれに関する技術的な業績を手にし、それを安定させ、国に対する圧力を取り除いた」と語りました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、「イランはIAEA国際原子力機関の理事会で6カ国の決議が採択された後、包括的共同行動計画の実施に向かうだろう」と述べました。 … …
ロシア外務省のウリヤノフ不拡散・軍備管理局長が、「イランとIAEA国際原子力機関は、ロードマップを実施している」と語りました。 … …
イラン外務省のラヒームプール・アジア太平洋担当次官が、包括的共同行動計画を、対立の平和的解決に向けたイランの真剣な決意であり、協力を重んじる外交の明らかな例だとしました。 … …
イランの包括的共同行動計画実施追求本部の部長をつとめるアラーグチー外務次官が、「イランの核計画に関する6カ国の決議は、IAEA国際原子力機関の政策を過去から未来を見る政策に変えるだろう」と語りました。 … …
イラン核協議団のメンバーを務めた、アラーグチー外務次官が、PMD・イラン核活動の軍事的側面の可能性の問題が終結した場合、IAEA国際原子力機関理事会による、12の対イラン決議が破棄されることを明らかにしました。 … …
イラン政府のノウバフト報道官が、イランによる包括的共同行動計画の実施は、イランの核計画の軍事的側面の可能性・PMD問題の終結にかかっているとしました。 … …
イラン核協議団の関係者が、「現在の相互理解に注目すると、イランの核活動の軍事的側面の可能性・PMDの問題は終結される」と述べました。 … …
IAEA理事会への決議案を検討することを目的とした、イランと6カ国の合同委員会の会合が、オーストリア・ウィーンで開始されました。 … …
イラン外務次官が、IAEA理事会にむけた6カ国の提案に関する検討が行われているとしました。
イラン原子力庁報道官が、「IAEAの最新の報告は、イランの核計画に反対する作られた問題を終わらせることになる」と語りました。
イラン原子力庁のサーレヒー長官が、「イランは、新たな核技術の利用を決意している」と語りました。
IAEA・国際原子力機関の最新の報告では、イランと西側の関係は新たな局面に入っていることを示しています。
イランのナジャフィーIAEA大使が、イランとIAEAのロードマップが終結したことを明らかにしました。
イラン原子力庁のサーレヒー長官が、「PMD・核活動の軍事的側面の可能性と呼ばれるイランの核問題は、絶対的に終結される」と語りました。 … …
イランとロシアが、イラン南部ブーシェフル原子力発電所の創業に関する技術的な協力について合意しました。
IAEA国際原子力機関の天野事務局長が、イランの核問題に関する最終報告の中で、「PMD・軍事的側面の可能性の問題における核物質の逸脱に関して信頼に足る証拠は存在しない」としました。イランの核協議関係者は、「天野事務局長の報告はイランの核計画の平和性を証明している」と述べました。 … …
イランのザリーフ外務大臣が、包括的共同行動計画の継続は、イランの核計画に関するPMD・核活動の軍事的側面の可能性に関する問題を終わらせることにかかっているとしました。 … …