このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イランの核の業績
イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記が、「イラン核問題を巡るこれまでのすべての問題が終結しなければ、包括的共同行動計画が実施される可能性はない」と語っています。 … …
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「イラン核施設からの遠心分離機の撤去作業は続けられている」と語りました。
イランのナジャフィーIAEA大使が、「IAEA理事会は、国連安保理と同じように、イランに対する制裁や決議を解除すべきだ」と述べました。 … …
IAEA国際原子力機関の天野事務局長が、イランの核活動に一切の逸脱は存在しないと強調しました。
イランのサーレヒー原子力庁長官が、オーストリア・ウィーンでのイランと6カ国の核協議の新ラウンドを肯定的に評価しました。
イラン核協議団のメンバーのアラーグチー外務次官が、「ロシアとのウラン交換協定が、IAEA国際原子力機関の報告と理事会の決定の後、実施される」と語っています。 … …
イランの包括的共同行動計画実施本部のアラーグチー部長が、アメリカ側のこの計画の実施責任者・上級調整官を務めるスティーブン・ムル氏と、この計画の実施プロセスを検討しました。 … …
イラン中部にあるアラーク重水施設の改築に関する正式な文書の内容が、EUのインターネットサイトに発表されました。
イラン原子力庁が、イラン中部にある研究用のアラーク重水炉の再設計に関する完全な文書を公表しました。
イランのサーレヒー原子力庁長官が、「6カ国とイランの閣僚、さらにEUの代表によるアラーク重水炉の再設計に関する文書の署名により、この文書は法的に非常に強固なものだ」と語りました。 … …
イラン原子力庁のキャマールヴァンディ報道官が、イランの平和的核活動に関するIAEA国際原子力機関の事務局長の最近の報告は、イランの措置を反映したものだとしました。 … …
イランのナジャフィーIAEA大使が、「IAEA国際原子力機関の天野事務局長の最新の報告は、イランのすべての核活動がIAEAの監視のもとで継続されており、平和目的からの逸脱はないことを示している」と語りました。 … …
IAEA国際原子力機関の天野事務局長が、包括的共同行動計画は、外交的な合意を証明するものだとしました。
イラン国会・国家安全保障外交政策委員会のブルージェルディー委員長が、核の合意は、良好な道で追求されているとしました。
イランのナジャフィーIAEA大使が、「核協議に参加した6ヶ国は、包括的共同行動計画の実施はイランの核問題が終結されることが条件であることを知っている」と語りました。 … …
イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記が、包括的共同行動計画が実施される中での、PMD・核計画の軍事的側面の可能性についての一部アメリカの関係者の立場を否定しました。 … …
イラン核協議団のメンバーをつとめたアラーグチー外務次官が、「包括的共同行動計画が実施されれば、外国企業は何の障害もなく、イラン側と契約を結ぶことができる」と語りました。 … …
イラン原子力庁のサーレヒー長官が、包括的な共同行動計画の実施段階に入るために必要な措置を開始しているとしました。
包括的共同行動計画に基づく制裁解除に関する声明と、実施内容の起草文書の作成を目的とした、EU、アメリカ、イランによる三者協議がスイス・ジュネーブで開催されました。 … …
イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記が、包括的共同行動計画の枠組みにおけるイランの行動の継続は、相手側のこの計画の取り決め履行にかかっているとしました。 … …