このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2012/04/04(水曜) 22:06

AFC、セパーハーン白星、エステグラールはホームで敗北

AFC、セパーハーン白星、エステグラールはホームで敗北
サッカーのアジア・チャンピオンズリーグは、3日火曜、1次リーグ第3戦が行われ、イランのセパーハーンは勝利、エステグラールはホームで手痛い敗北を喫しました。
3日夜、イスファハーンのセパーハーンは、カタールのラフウィアと対戦して2対1で勝利し、勝ち点7でC組の首位に立ちました。
この試合は、イラン中部イスファハーンにあるフーラードスタジアムで行われ、日本人の佐藤審判が主審を務めました。
試合開始10分、セパーハーンのセイエドジャラールホセイニー選手がゴールを決めると、後半10分にカタールのフォワードの選手が1点を決め、同点になりましたが、終了間際の88分にセパーハーンのブラジル人選手が決勝点となる2点目を奪いました。
この試合では、日本人の審判が、主審、副審を務めました。
一方のエステグラールは、ホームでアラブ首長国連邦のアルジャジーラと対戦し、黒星を喫しました。
エステグラールは、ホームのアーザーディスタジアムで、2対1でアルジャジーラに敗れました。
この試合で、エステグラールは6分に得点を奪われ、その後69分に追いつきましたが、73分には決勝点を奪われました。
アルジャジーラはこの勝利により、勝ち点9でグループ首位を守り、エステグラールが勝ち点4で2位に留まっています。

 

Add comment


Security code
Refresh