このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2013/11/11(月曜) 22:21

世界武術選手権の金メダリスト、メダルを最高指導者に奉呈

世界武術選手権の金メダリスト、メダルを最高指導者に奉呈

先ごろ、マレーシアで開催された世界武術選手権で金メダルに輝いたイランの女子選手、マリヤム・ハーシェミーさんが、このときのメダルを最高指導者のハーメネイー師に奉呈しました。

 

ハーシェミー選手は、11日月曜午前、イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師と会談し、自身の金メダルを最高指導者に奉呈しました。

ハーメネイー師は、ハーシェミー選手に、「あなたは、スポーツの分野でも、一人のイスラム女性が、宗教的な境界や装いを守った上で活躍できるという、イランのイスラム女性のアイデンティティを示した」と語りました。

ハーメネイー師は、スポーツ選手やスポーツの分野で知られる人々と会談し、イランのイスラム体制が女子のスポーツ選手を堂々と擁護していることは、女子選手にとっての利点であるとし、「イスラム体制に対する敵の心理戦を示す常套手段のひとつは、様々な分野のエリートたちが、イスラム体制とはよい関係を築けていないという誤った主張を吹き込むことだ。しかしあなた方は、イスラム体制との結びつきを、世界的な舞台の上から宣言した」と語りました。

ハーメネイー師はさらに、イランの若いスポーツ選手の国際試合での活躍は貴重なものだとしています。

Add comment


Security code
Refresh