このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/11/19(木曜) 22:30

世界武術選手権・散打部門でイランが準優勝

世界武術選手権・散打部門でイランが準優勝

世界武術選手権の散打部門で、イランが準優勝しました。


イルナー通信によりますと、世界武術選手権は、世界82カ国から1000人の選手が出場し、14日土曜から18日水曜まで、インドネシアのジャカルタで開催されました。
イランは散打の部で、男女合わせて金メダル6個、銅メダル1個を獲得し、準優勝しました。
なお、優勝は、金メダル7個、銀メダル1個の中国、3位は、金メダル2個、銅メダル1個のフィリピンでした。
套路(とうろ)と散打の2つの部門を合わせたイランの総合成績は、金メダル6個、銀メダル3個、銅メダル1個で3位でした。
なお、中国は、金メダル14個、銀メダル1個で、過去すべての大会から続く優勝を守りきりました。
準優勝は、金メダル7個、銀メダル3個、銅メダル6個のインドネシアとなっています。

 

Add comment


Security code
Refresh