このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
ニュース
イラン、アゼルバイジャン、ロシアの外相が、二者、三者、地域面での3カ国の協力の拡大を要請しました。
国際人権団体が、イエメンへの空爆にアメリカの爆弾が使用されていると報告しました。
イラン北西部の都市タブリーズの市長と、イタリアの経済・商業代表団が、経済分野の協力の必要性を強調しました。
イランのザリーフ外務大臣が、イラン、アゼルバイジャン、ロシアの3カ国の外相会議に出席するため、アゼルバイジャンの首都バクーに出発しました。
イラン・ロシア友好議員連盟の会長が、「イランに対するロシア製の戦闘機スホイ30の売却は、国連安保理決議2231に違反するものではない」と語りました。
欧州安保協力機構のミンスクグループが、ナゴルノカラバフで宣言された停戦の完全な遵守を求めました。
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが、サウジアラビアでの死刑執行件数の増加に懸念を示しました。
日本とアフガニスタンが、アフガニスタン西部・ヘラートで、再生可能なクリーンエネルギーを生産するための産業パークを建設する協定に調印しました。
イラン、アゼルバイジャン、トルコの外務大臣による3者協議が、イラン北部のラームサルで開催されました。
国連のデミストゥラ・シリア特使が、ロシアの首都モスクワでラブロフ外務大臣と会談し、シリア和平協議について話し合いました。