このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
ニュース
イランのマイナスのイメージを植えつけるためのアメリカの膨大なプロパガンダは、核合意にもかかわらず、アメリカがイランに対する敵対や脅迫を続けていることを示しています。
IMF・国際通貨基金のラガルド専務理事が、世界における経済成長の伸び悩みについて警告しました。
シオニスト政権イスラエル軍が、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムで、パレスチナ人17名を銃撃し、怪我を負わせました。
イランのザンゲネ石油大臣が、イランの産油量が、今後数ヶ月で増加することを明らかにしました。
イランのローハーニー大統領が、「政府は、抵抗経済政策の実施における措置や計画を、さらに力強く急速に継続していくだろう」と強調しました。
サウジアラビアの戦闘機が、イエメン南部タイズ州と北西部ハッジャ州を爆撃しました。
テロ組織ISISが、動画を公開し、西側に対する攻撃を継続すると発表しました。
イランのザーレアーン原子力庁副長官が、7日木曜に2種類の最新の遠心分離機を含む核の新たな12の業績が公開されることを明らかにしました。
イラン国連大使が、核兵器廃絶に関する最近の情勢に懸念を示しました。
WHO世界保健機関が、イエメン人の80%が人道支援を必要としている、としています。