このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
ニュース
ロシア駐在のイラン大使が、「カスピ海からペルシャ湾までの運河の建設計画を検討している」と語っています。
国際観光列車「黄金の鷲」号でイランに入国した外国人観光客のグループが8日金曜、同国南部ファールス州に到着し、同州の州都シーラーズにある歴史的建造物を見学しました。
サウジアラビア軍の戦闘機がイエメン南部を爆撃し、これにより多数のイエメン市民が死亡しました。
イランのデフガーン国防軍需大臣が、アメリカのケリー国務長官が多少熟考すれば、誤った分析を行なわないだろうとしました。
イギリスの公共放送局BBCでの道徳的な不祥事が続く中、新たに司会者2人による児童の性的虐待が明らかにされました。
シリア軍が、同国北西部・アレッポにあるテログループの拠点を破壊しました。
イランイスラム革命防衛隊のサラーミー副総司令官が、「アメリカには、イランのミサイル能力に関して見解を述べる資格はない」と語りました。
アメリカで、タカタ製のエアバッグが破裂し、車を運転していた17歳の女子高校生が死亡しました。
サウジアラビアが主導するアラブ連合軍の戦闘機が、イエメン南西部タイズ州で自動車を空爆し、これにより6人が死亡、11名が負傷しました。
イランのザリーフ外務大臣が、ロシアのタス通信のインタビューで、地域問題について触れ、「過激派やテロリズムは、中央アジアやコーカサスをはじめとする地域を危険にさらしている」と語りました。