このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
ニュース
在日ロシア大使館が、日本人3人から亡命の申請があったことを明らかにしました。
イランのラーリージャーニー国会議長が、「シリア、バーレーン、イエメンといった国々の地域問題解決に向けた政治協議は、今後真剣さを増すだろう」と語りました。
8日に行われたテヘラン金曜礼拝で、イマーミーカーシャーニー師が説教を行い、イランの経済発展のために抵抗経済を実現するには、効果的な措置と全ての人の協力が必要だとしました。
ロシアのメドベージェフ首相が、アルメニアとアゼルバイジャンの緊張拡大に関して警告を発しました。
アメリカのケリー国務長官が、イエメンとシリアの戦争を終わらせるための支援をイランに求めました。
シオニスト政権の情報筋が、被占領地(イスラエル)にアメリカの秘密軍事基地が存在すると伝えました。
アメリカのアーネストホワイトハウス報道官が、「アメリカ人労働者は、最低賃金しか受け取っていないことから貧困ライン以下で生活していることになる」と語りました。
イランのローハーニー大統領が、「核技術に関するイラン国民の権利は、世界の国々や国際機関から正式に認められている」と語りました。
イラン政府のノウバフト報道官が、「イランは、OPEC石油輸出国機構の生産割り当て復活のために、あらゆる手段を利用する」と語りました。
イランのタイエブニヤー経済財政大臣が、抵抗経済の主な目的は、継続的な経済の成長だとしました。