このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/08/18(火曜) 21:32

ズールハーネ

ズールハーネ

ズールハーネと呼ばれるイランの伝統競技を行う場所は、イランの風俗習慣、民族や宗教の信条において特別な地位を有しています。今夜の番組では、このズールハーネの歴史とイランの文化におけるその地位についてお話しすることにいたしましょう。

 

スポーツはイランの人々の生活と特別な結びつきを有しています。昔から、イランの人々はスポーツやその競技者に特別な関心を抱き、常に自らを競技のために鍛えてきました。今日も、イランの多くの地域で、伝統スポーツの一つとして格闘技が行われており、イランのレスリング選手は世界的にも高い地位についています。

イラン各地での伝統競技を行うための場所・ズールハーネの存在は、イランの格闘技を強化する上で多くの影響を及ぼしていると考えられています。

現在数百年の歴史を誇るズールハーネは、自由追求、謙虚さ、親切心、勇敢さ、イマームアリーといったふさわしい模範への追従に基づいて建てられています。ズールハーネの競技で使う道具やその慣習、建物の形はすべて、イランの古代のスポーツの古い歴史を示すものです。

歴史書に書かれているように、ズールハーネは700年前に今日の形に整えられましたが、それ以前にも存在していたことに間違いはありません。ズールハーネの道具も、その歴史を示す物証であると同時に、実際、身体の準備を整え、戦争の主な道具をよりよく使えるようにするためのものでした。例えば、ミールと呼ばれるこん棒は戦斧、カッバーデと呼ばれる鉄製の道具は弓、サングは盾として使われていました。

ズールハーネは、イランが外国によって支配されていた時代、情熱的な若いイラン人の男性たちを引き付け、そこで宗教的なスローガンを叫び、イマームアリーの美徳を思い起こすことで、イラン人に統一と連帯を呼びかけていました。

ズールハーネは、礼節と謙虚さを教える場所です。ズールハーネの入り口はそれほど背の高くない人でもかがまないと中には入れないようなつくりになっています。これはすべての人が敬意を持ってズールハーネに足を踏み入れるべきであり、高慢にならずに謙虚さを身につけるべきだということを意味しています。ズールハーネの内部の空間も、特徴があり、丸天井を有しています。そしてサフンと呼ばれる空間があり、その周りに観客が座って競技を行います。

競技者は、革あるいは厚手の布の膝下まであるズボンを履き、サフンから中央の窪みに移動していきます。この窪みは平らで八角形、あるいは四角形をしており、1.5メートル下に作られています。競技者は窪みに入るとすぐに、敬意を表します。競技の練習は、個人の運動から始まり、指導者が特別な場所に座り、競技者の動きに合わせて太鼓をたたき、英雄物語の詩を読みます。

競技者は、ピーシュケスヴァトと呼ばれる熟練した選手の地位に到達するまでに様々な段階を経なければなりません。第1段階を経た人はノウチェと呼ばれます。このようにして経歴のある競技者の指導の下に置かれ、競技の技術や英雄の慣習を学びます。その後、幾つかの段階を経て、ピーシュケスヴァトに達します。ズールハーネの慣習や競技、若手の競技者への指導において経験を積み、謙虚さと美徳を身につけた競技者は、ピーシュケスヴァトの地位に達します。そしてモルシェドと呼ばれる指導者が彼らのズールハーネへの入場を太鼓たたき、預言者とその一門を称える言葉を唱えながら発表します。

さらに競技で優勝し、メダルなどの多くの名誉を受ける英雄たち、また競技や競技者に優れた貢献を行った人たちを称えるためにもモルシェドは太鼓をたたき、目の前にぶら下がっているベルを鳴らします。人々も預言者とその一門を称える言葉を唱えることで、彼らを歓迎します。

競技者は、非常に親密な空気の中、特別な動きによって伝統競技を開始します。初めに特別なリズムで地面を足で踏み鳴らし、その後回転して、木の板を使ってシェナーという腕立て伏せのような動きを行います。それから他の道具を使った動きが行われます。最後に格闘競技が行われます。
ズールハーネにはイマームアリーへの敬意や愛情が波打っており、競技者はズールハーネを出るときに体が軽くなり、心地よさを覚えます。

 

Add comment