このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
1979年のイスラム革命は、20世紀の歴史的な出来事の一つです。この革命は、地域や世界レベルで多くの影響を与え、永遠に残る革命となりました。 … …
サウジアラビアの政府関係者は、2016年1月2日、同時に47人の死刑を執行しました。この処刑は1980年以来最大の死刑執行とされています。 … …
イランとサウジアラビアの外交的危機が勃発してから2週間が経過しました。この非通常の状況が続いていることから、イランは国連事務総長に書簡を提出せざるを得なくなっています。 … …
サウジアラビアのシーア派指導者ナムル(ニムル)師が、地域最大の情勢不安の中で、同国により処刑されました。彼がほか46人と共にサウジアラビア内務省によって処刑されたニュースは、今月2日に発表されました。 … …
2015年7月のイランと6カ国の核協議は、イランでは2015年でもっとも盛んに伝えられたニュースとなりました。この協議は2013年11月24日のジュネーブ合意の枠内で開始されました。 … …
西側メディアがパリの同時テロを悪用し、新たなイスラム排斥の新たな波をそのニュース報道や分析の中で作り出している中で、イランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師の西側諸国の若者に向けた書簡の発表は、この問題について再び考える新たな雰囲気を作り出しました。 … …
9月24日に発生したメナーの惨事は、世界の大部分に衝撃を与えた、最近50年間で最も悲惨な人的災害といえるでしょう。この惨事はマスジェドルハラーム付近のクレーン倒壊事故から数日後に発生し、8000人近くの巡礼者が死亡しました。この惨事は、イスラム世界の人々の感情を傷つけています。 … …
9月24日に発生し、8000人以上が命を落としたメナーの惨事は、今年イスラム世界で発生したもっとも痛ましい事件のひとつです。この事件では、多くの人が遺族となり、また多くの子供が孤児となりました。この痛ましい惨事を調査する中で、改めて明らかになったのは、サウジアラビアが人間の尊厳を無視し、巡礼者の人権を侵害していることでした。 … …
今回も、前回に引き続き、メナーの惨事を人権の面から分析してみましょう。犠牲祭の日にあたった9月24日、サウジアラビアの聖地メッカ近くのメナーで、サウジアラビア当局の管理不足により、巡礼者が将棋倒しになり、8000人近くが命を落としました。この惨事の後、イスラム諸国の多くの市民や司法関係者が、サウジアラビア政府による国際的な責任の受け入れと彼らへの法的措置を求 …
9月24日のイスラム教の犠牲祭の日、イラン人数百人を含む数千人の巡礼者が、サウジアラビア西部の聖地メッカ近くのメナーで、サウジアラビアの関係者が巡礼者の順路をふさいだために将棋倒しになり、命を落としました。しかし、サウジアラビアはイスラム教徒に謝罪することも、この惨事の責任を負うこともなく、この惨事は、巡礼者の秩序のなさ、あるいは天命によって起こったものだと …
サウジアラビアはおよそ215万平方キロメートルという西アジア最大の面積を持つ国で、アラブ諸国では、アルジェリアについで面積で第2位となっています。この国は2700万人以上の人口を持ち、このうち1600万人がサウジアラビア人で、それ以外は外国人で構成されています。この国では、ワッハーブ派が重要な役割を果たしており、すべての政策は、この宗教に基づいて計画されてい …
毎年、10月24日から30日までの期間は国連軍縮週間とされています。これは1978年、国連により、銃器の管理、削減、制限と廃絶を目的として名づけられました。軍縮とは、単純に兵器を減少させ、制限し、なくすための活動を意味します。このように、兵器の廃絶とは、武器を減らし、なくすために各国が行う経済、政治、技術、軍事の各方面におけるプロセスだということができます。 …
ロシアは、この数ヶ月、大量の兵器や軍事物資をシリアに移送し、また、多くの兵士を派遣しました。最終的に、ロシア政府は、9月30日から、テロ対策を目的とした軍事的な作戦と、合法的な政府の支援を開始しました。 … …
イスラム教の犠牲祭に当たる9月24日、サウジアラビア・メッカ近郊のメナーで、大惨事が発生しました。巡礼儀式の中でも重要な、石投げ儀式に向かうために大勢の巡礼者が移動する道で、サウジ当局の管理不足により、イラン人巡礼者465人を含む数千人が命を落としたのです。 … …
9月24日に、多数のメッカ巡礼者がメッカ近郊のメナーで将棋倒しになって死亡したニュースが発表されたとき、その惨事の規模がこれほどまで広がった危険なものだとは誰も信じなかったのではないでしょうか。しかし、毎日、この事件の新たな側面が明らかになっていきました。 … …
9月24日、サウジアラビアにあるイスラムの聖地メッカ近郊、メナーで行われた巡礼儀式の最中、大変な惨事が発生しました。
イラン暦のシャフリーヴァル月31日からメフル月6日、西暦の9月22日から28日までの期間は、8年間の聖なる防衛、つまり80年代のイランイラク戦争におけるイランの戦士たちの偉業をたたえ、「聖なる防衛週間」と名づけられています。この名前がつけられたのは、この期間にイラン・イラク戦争が始まったからです。 1980年9月22日、バアス党・サッダーム政権下のイラクがイ …
2015/09/21(月曜) 22:28

安保関連法の成立

安倍総理大臣は、国会の会期中に安保関連法案を成立させることに固執した一方で、この法制への反対はなおも続いています。毎日のように安保関連法案への反対運動が、国会議事堂前で行われていました。この法案は、同盟国を防衛するため、日本を戦争に巻き込むと考えられており、17日木曜、参議院特別委員会で採択され、19日土曜、参議院本会議で可決しました。 … …
2011年9月11日から、14年が過ぎました。この日、アメリカ同時多発テロが発生し、2機の旅客機がニューヨークの世界貿易センタービルに衝突しました。 … …
2015/09/07(月曜) 16:38

不和を抱えるイラク

現在、イラクは困難な日々を送っています。イラクの危機や脅威、政治的な不和は、全体的な政治体制を持ちながら、実質的には、クルド、シーア派、スンニー派の3つに分割されているというところにまで達しています。西アジア・北アフリカでは2011年から、数十年続いた癒着政権に反対するイスラムの目覚めが起こっています。しかし、イラクのような国は、この5年に及ぶ地域の危機に巻 …
1 / 9 ページ