このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/01/12(火曜) 16:20

サウジアラビアのシーア派指導者の死刑執行

サウジアラビアのシーア派指導者の死刑執行

サウジアラビアのシーア派指導者ナムル(ニムル)師が、地域最大の情勢不安の中で、同国により処刑されました。彼がほか46人と共にサウジアラビア内務省によって処刑されたニュースは、今月2日に発表されました。

 

サウジアラビア内務省の声明では、このシーア派指導者は騒擾罪と扇動罪の容疑がかけられていましたが、彼はサウジアラビアのシーア派の権利を実現する平和的な活動により、逮捕され、処刑されました。

サウジアラビアは3年半近く、この人物を拘束してきました。ここで、なぜ現在の地域の状況下でこの指導者の死刑を執行したのか、という疑問が浮上してきます。あるいは彼の死刑執行による結果について意識していなかったのでしょうか、またはその結果を恐れてはいなかったのでしょうか。一部の地域のメディアでは、サウジアラビアはおそらく、シリアの戦闘でサウジが支援していたイスラム運動の司令官が死亡したため、シーア派指導者を殺害することでこの復讐を果たそうとしていた、とされています。

このような見解は、一部の専門家がこの処刑者のリストの原則に関して疑いを持っている中で提示されています。テレビチャンネル・バーレーン・アルヨウムは、この公開されたリストの中には、アルカイダと関係していた43人と政治活動家4人が見られ、これらの政治活動家は2011年にサウジアラビア東部で、人々の抗議運動に参加し、平等と公正を求めていたとつたえました。ナムル(ニムル)師の名前は、この4人の中の一人として記されていたのです。

もっとも、このことは43人のテロリストの死刑執行の真相に関する大きな疑念を呼んでいます。一方、これらのテロリストの処刑は、シリアやイラク、イエメンにおけるテロ組織の支援というサウジの政策にそぐわないものです。つまり一部の有識者は、サウジ側が処刑したと主張するこの43人のテロリストが処刑されていないことも考えられるとし、その理由として、これらの人物がワッハーブ主義者で、10年前から投獄されていたことを指摘しています。

ある団体は、サウジがこれらのテロリストの多くを過去数年間に釈放し、彼らをシリアやイラクの戦争に派遣し、彼らはそこで死亡したとしています。この仮説は、サウジ当局がこれらの人物の遺体を家族に引き渡すのを禁止したことによって裏付けられています。これらの人物はサウジの宗教機関で訓練を受けたとみなされており、彼らが処刑される理由は存在しません。

サウジアラビアの政府関係者は、この指導者の死刑執行に関する警告を無視しました。現在、サウジは大きな代償を支払わなければならず、無意味な嫌疑により、自身の犯罪を隠そうとしています。

イギリスの新聞ガーディアンによりますと、この指導者は、テロ組織アルカイダの活動に参加したという容疑で処刑された多くのスンニー派の人々とは違い、サウジ政府に対する、平和的な抵抗運動を行っていたということです。彼は2012年、サウード政権を批判したことから、サウジ政府により拘束されました。彼の見解は、サウジアラビアの人口のおよそ15%を占める少数派、シーア派の苦難を反映しています。彼らは昔から差別や弾圧、危険にさらされています。サウジアラビア東部カティーフでは少なくとも30年間、政権に対する抗議が行われてきました。

ナムル(ニムル)師を投獄し、処刑した理由とは、彼がサウード政権の政策を批判していたことだと、全ての人々が認めていますが、彼にはテロ容疑がかけられていました。この指導者は常に演説の中で、特にサウジ東部のカティーフとアフサーにおけるサウード政権の組織的な差別政策を批判していました。彼はまた、他のシーア派の人々と同じように、平和な抗議運動を行っていました。彼の親族は死刑執行後も、彼の支持者に対して、平和的に、サウジ政府の行動に抗議するよう求めています。

サウジアラビアの人々は長年、最低限の権利や人権すらも制限されていました。サウジの人権侵害は新たな問題ではなく、ナムル(ニムル)師はあえてこれに対して、弾圧を受けながらも批判を行い、命を懸けて抵抗した宗教界の要人の1人でした。

サウジ政府の関係者はこの人物がテロと暴力を広めたとしています。一方で、彼らは暴力とテロの要因であるワッハーブ主義を宣伝し、地域や世界で活動しています。サウジ政府の支援により、ISIS、ヌスラ戦線など、様々なテロ組織がシリアやイラクで活動しています。ナムル(ニムル)師は実際に、サウジの権力争いと利己主義の犠牲となりました。このため、現状において、処刑の理由を理解するには、サウジの地域における隠れた目的を知る必要があります。

サウジアラビアはアブドラ国王が死亡し、サルマン国王が即位した後、国内外で侵害政策を展開しました。サウジ当局はこの変化を受けて調整を行いました。国内では、速やかに東部のシーア派居住地域、つまりひどい差別を受けている地域の抗議を弾圧しようとしています。

また、国外でも、石油収入と西側諸国の支援により、イエメンに対する戦争を開始し、シリア、バーレーン、レバノン、イラクに対する介入を拡大しました。これらの事例の多くにおいて、サウード政権は大きな失敗にあい、これまでその目的を果たすことができていません。一部の有識者の見解では、この時期におけるこの指導者の処刑は地域におけるサウジの政治的失敗の隠蔽のための試みとみられるとされています。

いずれにせよ、サウジ政府がその合法性について懸念を抱いているのには、多くの理由があるということです。その理由の一つが、西側では「アラブの春」とされる、地域におけるイスラムの目覚めの拡大です。この変化は、現在の地域情勢の中で、サウジ王政の基盤を揺るがせています。このため、サウジ政府関係者は、戦略的に誤った方向を進んでいます。

サウジ政府は、経済戦争においても、世界市場における原油価格下落の要因となりました。サウジは現在、厳しい予算不足に苦しみ、またこの問題は、政治に対する不満の拡大を促進しています。原油価格の下落は、サウジ政府の経済問題が悪化する要因となるでしょう。その結果は、サウジ政府にとって予想不能なものです。

サウジはシリア、イエメン、そしてバーレーンにおける地域の危機においても、自身の行動によって苦しんでいます。

一部の有識者は、現状におけるナムル(ニムル)師の死刑執行は、サウジ領内の過激派思想から外れるものではに解釈しています。サルマン国王は、最近になって権力を掌握したサウード家の過激派の行動を管理できるほど強くないということが明らかにされています。

昨年のメッカ巡礼の儀式中に発生したメナーの惨事は、サウジ当局の能力のなさによるものであり、これにより数千人の巡礼者が死亡しましたが、サウジ側はこれを運命によるものだとしました。これは、サウジアラビアが危険な衰退に向かっていることを示しています。実際、この問題に関する最も重要な人物はサウジの副皇太子のサルマン国防大臣です。サルマン国王も処刑の指示を出していることで、力のない政治家として、状況の混乱に大きな役割を果たしました。

イギリスの新聞フィナンシャルタイムズは、記事の中で、サウジアラビアは日々弱体化しているとしています。この新聞はこの指導者の処刑という性急な決定は、サウジ政府の被害者意識によるものだとしました。さらに、サウジにとって暗い時代が待っているとしました。つまり、第一次世界大戦後に植民地主義勢力によって作り出されたアラブの政治体制は、現在消滅に向かっているのです。

フォーブスのインターネットサイトも、アメリカの政府関係者は数十年間、サウジアラビアの王族に対して、親しい友人のように振舞ってきたとしています。昨年、アブドラ国王が死亡した後も、オバマ政権は彼を賞賛しました。一方、サウジ王家は独裁政権であり、7000人の王族や王子は、略奪のための道具のように行動しています。

サウジアラビアは、国際NGOのフリーダムハウスが提示した、人々の自由や政治的権利に関するランキングで最下位となっています。多くの人権擁護団体は、2015年、サウジがこれまで同様、平和的な活動を理由とした反体制派や人権活動家に対する告訴や拘束のほか、女性や宗教少数派に対する組織化された差別を継続していると報告しています。

カナダの新聞トロントスターは、記事の中で、サウジ政府はナムル(ニムル)師を処刑したことで、単に弱点をさらけ出しただけだった、この行動はサウジアラビアの弱さのしるしであり、強さではない、つまり、本当に治安が保たれていると感じている政権は、このような危険な行動を行わないと記しました。

サウジアラビアのジュベイル外務大臣は、アメリカのニュースチャンネルCNBCのインタビューで、ナムル(ニムル)師をテロ組織アルカイダの指導者ビンラディンと比較し、この指導者の処刑を正当化し、次のように語りました。「我々は、彼がテロリストであり、ビンラディンと同様の人物だと答えている。彼は人々を扇動し、味方につける中で、武器などを集めていた。また、罪のない人々が犠牲となった、治安関係者や警察署への攻撃に関与した」ジュベイル大臣はまた、「サウジアラビアは罪のない人々を殺害した人物に対する断固とした立場を示したことで賞賛されるべきであり、これに関して非難されるべきではない」と述べました。

この恥ずべき表明はサウジの政府関係者が、すべての政治的、外交的資本を使って、その間違いを最も愚かなうそにより正当化しようとしていることを示しているのです。

Add comment


Security code
Refresh