このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
流血のシリア危機から日が経つにつれ、世界では人道を主張するダブルスタンダード政策がより明確になっています。シリア政府に対して、化学兵器を使用したという嫌疑をかけている西側政府は、シリアへの干渉的な政策を合法化するため、シリアに対する報道面、政治面での大規模な喧騒を引き起こしています。西側政府の統制下にあるメディアや西側の人々は、この仕組まれた喧騒の傍らで、テ …
イランは1979年のイスラム革命の勝利後、様々な陰謀に直面しました。各地における民族衝突の発生、イランの政府高官や政界の要人へのテロ行為、爆破事件などは、イランの人々を厳しい試練に立たせましたが、これらの陰謀の中でも、特にイラン・イラク戦争はより深い考察を要するものです。 … …
2001年のアメリカ同時多発テロ後の出来事を見てみると、これらの事件がイスラム教徒の殺害のために企てられていたことがわかります。ニューヨークの世界貿易センタービルやワシントンの国防総省の建物に旅客機が衝突したことで、3000人近い人々が死亡しました。当時のブッシュ大統領はこの事件を新たな十字軍戦争と名づけ、イスラム、あるいはイスラムに関連するあらゆる徴をアメ …
1492年8月、クリストファー・コロンブスが大西洋にむけて出航しました。大部分の人々は、特にヨーロッパ人にとって未開の土地だったアメリカ大陸を発見した人物は、このコロンブスだと認識しています。その後、アメリカ大陸の歴史は白人や新たにこの大陸に来た者たちが望むような形で書かれてきました。この歴史は、この地域の先住民にとって常に占領や、最も重要な人種差別という大 …
ミャンマーのロヒンギャ族のイスラム教徒に対する、人種差別と殺害に関する最新の報告で、国境なき医師団は、この国のイスラム教徒に対する攻撃は、体系化され、拡大しているとしています。ミャンマー政府は、イスラム教徒に対する人種差別や暴力行為を隠蔽しようとしています。このため、ミャンマー政府はあらゆる人権擁護団体の報告、あるいは国連の報告までをも否定し、口実を設けてい …
イラン国会は今月15日、4日間の審議を終え、指名されたローハーニー新政権の閣僚候補18名のうち、15名の閣僚を信任しました。今回、イラン史上初めて新大統領の就任式の際に、新政権の指名閣僚名簿が国会議長に提出されています。指名閣僚の審議は今月12日月曜から始まり、15日木曜まで行われました。最終的には15名の閣僚、つまり内務大臣、情報大臣、石油大臣、経済財政大 …
現在、アメリカの新聞・ワシントンポストの従業員の多くが、頭を抱えている状態です。というのも、アメリカの新聞の老舗であるこの新聞社が、アメリカのインターネット通販アマゾン・ドットコムのCEO最高経営責任者に買収されたからです。ワシントン・ポストは、80年間グラハム一族が経営を行って来ましたが、急遽2億5千万ドルでアマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスCEOに売却 …
イランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師による、イランの新大統領の認証式の翌日に当たる4日日曜、ローハーニー新大統領の就任宣誓式が開催されました。 … …
4日日曜から、イランの新しい大統領による体制がスタートしました。イランのローハーニー新大統領は、3日土曜に大統領就任の認証式と、4日日曜のイラン国会で行われる宣誓式を経て、今後4年間の大統領の責務を、過去8年間大統領をつとめたアフマディネジャード氏から引き継ぎました。ローハーニー新大統領は、国内外の政策に関する穏健的なスローガンを掲げ、6月14日に開催された …
フランスのあるイスラム教組織の報告によると、この国ではイスラム教徒に対する暴力的な措置や、イスラム排斥行為が増加しているとされています。CCIF・フランスのイスラム恐怖症に反対する委員会は、2012年にイスラム排斥行為が469件発生したことを明らかにしました。この報告によれば、469件のイスラム教徒への暴力行為やイスラム教の宗教施設への破壊行動などのうち、4 …
ボスニア・ヘルツェゴビナでは最近、イスラム教徒がこの国の町スレブレニツァで発生した虐殺事件18周年に際して、その犠牲者を悼み、追悼式典を行いました。毎年7月11日には、同国各地から数万人のボスニア人が、ヨーロッパ、ひいては世界最大の虐殺の犠牲者を偲ぶために、スレブレニツァに集まります。この衝撃的な大惨事から18年経ったにも拘らず、未だに多くの犠牲者は遺体の発 …
西側の複数の衛星通信企業が、イランのメディアに対抗するため、1日月曜からイランの衛星放送チャンネルの放映を停止しました。通信衛星サービス企業のインテルサット社は、「インテルサットがイランのチャンネル放映を停止した主な理由は、アメリカによる対イラン制裁である」と表明しました。インテルサットが今月1日から放送を停止したチャンネルは、イランの英語によるニュースチャ …
アフガニスタンの武装テロ組織・タリバンとアメリカとの直接交渉が、ペルシャ湾岸の小国カタールではじまってから2年近くが経過した最近、同国の首都ドーハにタリバンの事務所が正式な形で設けられました。この事務所が設置されたことは、タリバンの上層幹部から見ると、他国や国際社会と交流し、タリバンの立場や見解を表明するチャンスであるとされています。しかし、アフガニスタン政 …
ハリーファ政権と歩調を合わせる西側諸国 ペルシャ湾に浮かぶ島国バーレーンでは、もう2年半近くにわたって反政府運動が続いています。 バーレーンを支配するハリーファ一族は、こうした国民運動が宗派的なものに過ぎないとし、またこれに対するイランの介入という根拠に欠ける非難を浴びせ、自由を求めるバーレーン国民の要求を封じ込めようとしています。我こそは自由を求めると主張 …
シリアのアサド大統領は、トルコのメディアのインタビューで、「シリアの戦争は内戦でなく、シリアの地域的な役割に関係する、外国による対シリア戦争である」と語りました。 … …
今年6月14日、イランで大統領選挙が第4回市議会選挙とともに行なわれますが、イランの国民にとって、全ての選挙は民主主義における名誉ある権利とされています。また、選挙とは、民主主義体制の政治を構成する重要な要素であるとみなされています。宗教的な人民主権の思想に基づくイランのイスラム共和制においても、権力を持つ全ての組織を構成する中で、直接的、あるいは間接的に人 …
イラン暦のファルヴァルディーン月12日は「イスラム共和国記念日」です。34年前のこの日は、1979年2月のイスラム革命から2ヶ月もたたない、1979年4月1日にあたるイラン暦1358年ファルヴァルディーン月12日、イラン国民は王政の代わりとしてのイスラム共和制の是非を問う国民投票に参加し、賛成票を投じました。つまりファルヴァルディーン12日は、イスラム革命が …
イラン暦のエスファンド月29日は、通常の場合、一年の最後の日です。しかし、この日は、石油国有化記念日として知られるイラン史上の重要な出来事を記念する日です。この一年最後の日は実際、イギリスの植民地主義に対する、イラン国民の闘争の歴史における転換点です。イランの石油国有化は、イギリス植民地主義者によるイランの石油の支配と収奪に終止符を打ちました。 … …
ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領が、長い闘病生活の後、5日火曜にベネズエラの首都カラカスの病院で死去しました。享年58歳でした。 ベネズエラのマドゥロ副大統領は、「チャベス大統領はここ数日容態が思わしくなく、呼吸困難により危とくに陥っており、5日火曜死亡した」と表明しました。 … …
ここ近年、西側メディアやハリウッド映画の中でのイスラム教徒やイランの人々のイメージが過激になっています。公平でない否定的な捕らえ方は、利己的でゆがめられたものであり、イランやイスラムについてすこしの知識しかもたない人でも、これらが不正確かつ脅迫的で、混乱させるものであることを知っています。 … …