このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
一部の人々からは、第2期オバマ政権におけるアメリカの対イラン戦略が現状に即して変化してきたという声が聞かれます。アメリカのオバマ大統領は、 チェンジのスローガンを掲げて第1期政権をスタートさせました。しかし、過去4年間のアメリカの行動において、果たしてこのチェンジの証を見て取ることは できたのでしょうか? 一部の政治アナリストは、地域・国際情勢、そしてアメリ …
第12回OIC首脳会合、カイロで開催 先日、エジプトの首都カイロで開かれたOIC・イスラム協力機構の第12回首脳会合の閉会式で、エジプトのモルシ大統領は次のように語りました。「我らイスラム諸国の力は、我々の団結次第である。我々は、互いに言葉を交わしたのであり、メッセージの発信者である」 OICは、15億人以上に上る世界のイスラム教徒を代表する組織とされていま …
1979年のイラン・イスラム革命は地域と世界における大きな革命であり、また政治的な均衡を変化させるものでした。イランイスラム共和国は、地域と世界に対して、神をよりどころとし、若い人々の力を信じることによる発展の新たな模範を提示しました。イスラム革命の勝利以前までは、世界各国はアメリカを筆頭とする西側陣営あるいは、ソ連を筆頭とする東側陣営にわかれており、安全保 …
フランスによるマリの軍事介入の影響は、西アフリカの多くの地域や国民に拡大しています。フランス軍の戦闘機によるマリの反体制派への攻撃から数日もたたないうちに、アルジェリアの反体制武装勢力が数百名にのぼる様々な国籍の人々を人質に取りました。人質の中には、西側諸国の人々や日本人もいました。 … …
中東地域は宗教、軍事、政治、そして経済の面で非常に重要な地域です。過去2年間で世界の政治的、経済的なバランスが大きく変化したにもかかわらず、その戦略的な地位と重要性は小さくなっていません。中東は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の3つの大きな宗教の発祥地です。中東と北アフリカ地域に住む人々の90%以上の宗教はイスラム教です。つまり、中東地域の重要な立場は、イ …
2012年、アメリカとその同盟国は、イスラム諸国で自分たちの目的を促進する為に、さまざまなやり方で、イスラム排斥政策の強化を継続してきました。その中で最も重要なもののひとつとは、覇権主義体制のもとでのメディア政策です。これらのメディアは言論の自由を装い、映像作品や風刺画でイスラムの預言者ムハンマドやコーランを侮辱しました。イスラムの神聖に対する侮辱行為は、西 …
2012年のイスラム世界も、2011年と同じように変化にとんだ年でした。イスラムの目覚めの波は、この運動を逸脱させようとするアメリカをはじめとする覇権主義国の措置の中で継続されたのです。 イスラム覚醒運動は2010年の終わりからチュニジアで始まりました。この運動は西側の覇権主義国と結託していた専制主義国すべてに影響を及ぼしました。この運動により、チュニジアの …
激動の2012年 昨年2012年も、世界のメディアはいつもと同様に、ニュース報道の舞台で活躍し、明るいニュースと暗いニュースの両方を、世界の人々に発信していました。ジャーナリストやレポーターが、あらゆる現場に駆けつけ、世界で起きている革命や抗議運動、そして選挙や政治的な闘争の有様を人々に伝えています。また、メディアは私たちを自然災害の最中へと連れ出し、それら …
私たちの耳に大変いたましい事件のニュースが入ってきました。それは12月14日金曜日、20歳のアメリカ人が2つの銃を使用して同国のコネチカット州・ニュータウンのサンディフック小学校を攻撃し、児童らに向けて発砲した、というものです。 … …
韓国での大統領選と国会議員選 韓国では今年、4月の第19代国会議員選挙と12月の大統領選挙という2つの選挙が行われました。この2つの選挙のいずれにおいても、最終的には保守派の与党が勝利を収めています。北朝鮮のロケット発射実験に対する韓国の与党とアメリカの妨害措置、そして朝鮮半島海域におけるこの両国による複数回の軍事演習の実施は、安全保障に対する人々の懸念に拍 …
一部のメディアが宣伝しているように、12月21日はこの世が終焉を迎える、とされていました。この終焉もハリウッド映画に類似他ものと考えられます。つまり人類を根絶するほどに危険な台風や津波や竜巻などの、すべての自然災害が次々と襲い掛かるとされていました。災害の規模は、人類はただそれが起こるのを待つことしかできない、というほどに大きく宣伝されました。メディアは、古 …
EUの歴史に永遠に残る名誉の日『2012年12月10日』と、これに対する反応 去る12月10日は、EU・ヨーロッパ連合にとってその歴史に残る名誉ある日として刻まれることになりました。 ノルウェーの首都オスロで開催されたノーベル平和賞の授与式では、EUの代表者にこの賞が授与されました。この名誉ある賞を受け取ったのは、EUの代表者としてこの式典に出席した、欧州委 …
ヘルシンキ中東非核化会議、土壇場でキャンセル フィンランドの首都ヘルシンキで開催が予定されていた、「核兵器のない中東」を目指す国際会議を中止するというアメリカの措置は、世界のメディアや政界で幅広い反響を呼んでいます。アメリカの今回の措置に対し、国連のパン事務総長は次のように語っています。 「私たちの目標は、全世界から核兵器を廃絶することであり、中東地域からの …
2012/11/19(月曜) 23:31

分裂するアメリカ

アメリカ合衆国の50の州のうち、20州がアメリカ合衆国からの分離・独立を要請しています。これらの州の署名文書の中では、十数万人の市民がアメリカ合衆国からの独立を支持しているのです。これらの20州のうち18州では、多くの市民が先のアメリカ大統領選挙で敗退した、共和党候補のロムニー氏に投票していました。この署名文書は、今後4年間のオバマ政権の期間中、アメリカ政府 …
車に乗っていたアメリカに住む4歳のアビゲイル・エヴァンスちゃんが泣き止みません。彼女の母親エリザベスさんは車を止め、娘の映像を撮りながら、泣いている理由について聞きました。世界中の多くの人々が、エリザベスさんがソーシャルネットワーク上で公開したアビゲイルちゃんの映像を見て、彼女の答えに共感しました。この映像の中で、アビゲイルちゃんは泣いている理由について、こ …
~「チェンジ」しなかったオバマ政権のイラン政策~ アーバーン月13日は、イランイスラム革命の歴史において、世界的な覇権主義に対抗した重要な3つの出来事を思いおこさせる日です。この日は、イランイスラム革命創始者のホメイニー師がトルコに追放された日であるとともに、イランイスラム革命の勝利直前のパフラヴィー政権による学生たちの集団殺害事件が発生した日であり、現在「 …
西側世界の経済危機により、ホームレスと呼ばれる、住む家を失った路上生活者が増加しています。イギリスの路上生活者の数は2010年から2011年にかけて14%増加しています。イギリスの新聞、デイリー・テレグラフによりますと、今年の1月から3月の間だけで、イギリスのおよそ4千世帯が親戚や知人の家に仮住まいをしている状態にあり、これは昨年の同じ期間と比べて44%増加 …
表現の自由とは、全ての民主的な社会にとっての基本的な基準であり、今日、人類の基本的権利であると考えられています。世界人権宣言の第19条には、言論の自由に触れ、次のように記されています。「全ての人は、自らの信条を、自分が好むあらゆる方法で、おそれることなく表現できる権利を持つ」。しかし、これまでの経験から、西側諸国が表現の自由に関して掲げているスローガンは、実 …
国連総会とは、将来の世界の指導者たちが集まり、世界の重要な問題について毎年演説を行う場所です。しかし今年の国連総会では、ある芸術家の演説が行われ、その芸術家は自分の代表作を持ち込み、それを出席者に見せたのです。 演説のあら捜しをする目的で国連総会に参加したシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相は、単純な絵を見せ、参加者や国際的なメディアの嘲笑を受けました。 …
アメリカ政府はついにイランの反体制テロ組織M.K.O・モナーフェギンを、アメリカの国務省のテロ組織のリストから除外しました。このテロ組織が行った無差別テロにより、女性や子ども、高齢者を含めた1万2千人のイラン国民が犠牲となりました。 アメリカのクリントン国務長官が声明の中で明らかにしたように、アメリカがモナーフェギンをテロ組織のリストから除外したのは、イラク …