このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師から、体制責任者に対して行われている「抵抗の経済」という政治的アピールは、壮大なレベルでのその重要性を物語っています。ハーメネイー師はこのアピールの中で、抵抗の経済は、イラン国民に強いられた経済的な戦争において、敵を敗北と後退に追い込む要因の一つであるとし、同時に、世界的に拡大しつつある各種の危機の中で、人々を鼓舞 …
今回は、世界のメディア業界における最新のニュースを選び出し、お伝えしてまいりたいと思います。
1988年、インド系イギリス人の作家サルマン・ラシュディが、イスラムの預言者ムハンマドやイスラム教を侮辱する内容の『悪魔の詩』を発表しました。彼はこの本でイスラムの預言者ムハンマドを侮辱しただけでなく、コーランは直接神から下された本ではなく、預言者が書いた本であると主張しています。この本が発表されたというニュースは、世界のイスラム教徒に大きな影響を与え、彼ら …
イランは常に、大量破壊兵器の存在しない中東地域や世界を強調し、この目標を実現する為のアプローチを提示する先進国でした。イランは2010年4月、「核エネルギーは全ての国のもの、核兵器は誰のものでもない」というスローガンにより、テヘランで核兵器不拡散国際会議を開催しました。 … …
あらゆる国の発展を示す基準のひとつは、学術的な発展です。イスラム革命後、イランは1979年のイスラム革命後、学問、文化、経済、社会やそのほかの分野で急速な発展を遂げてきました。イスラム革命が示した成果の一つは、これらの分野でのイラン女性の進歩です。世界各国の学術的な進歩を調査する独立機関、エスシーイマーゴのランキング結果によりますと、イランは、その急速な学術 …
長年、西側はある措置を計画・組織化し、イランのイスラム体制を標的として、少しずつイスラム体制を破壊しようと試みてきました。このプロセスの中で、西側はあらゆる心理戦の可能性を駆使して来ました。ソフトな戦争は実際、ここ数年イランの政権を崩壊させる為に行われている手段です。イランでの人権侵害や、自由、民主主義の欠如を主張するというやり方は、1979年のイランイスラ …
ソーシャルネットワークは近年、目覚しい形で多様化しており、また経済、文化、政治の各分野にはいりこみ、利用されています。インターネット上のソーシャルメディアは、ここ20年におけるインターネットの発展とインターネット技術の進歩の成果です。これらのソーシャルネットワークは、1991年にコンピューター技術の分野に現れ、初めの10年における利用者はまだ少ないものでした …
2013年はメディア業界とIT業界において、今後に影響を及ぼす重要な出来事や多くの出来事が起こった年でした。アメリカの情報セキュリティの専門家スノーデン氏は、NSA・アメリカ国家安全保障局の機密文書の公表という、世界で最も恐ろしい諜報システムの知られざる措置を暴露したその日から、後戻りできないことを知っていました。 … …
2013年、一部のイスラム諸国が流血の衝突や犯罪行為の舞台となってきました。シリア、イラク、パキスタン、レバノン、アフガニスタンのような国における過激主義や暴力は、頂点に達しています。イスラム教の名の下に暴力に訴える人々や、サウジアラビアの情報機関の傘下にある、タクフィーリー派と呼ばれる過激派組織は、あらゆる犯罪行為に手を染めています。 … …
日本と中国の関係は、2013年も東シナ海の尖閣諸島を巡って緊張していました。確かにここ近年、日中関係は経済面においては目覚しい発展を遂げていましたが、両国の政治関係は、困難で緊張したプロセスに直面していました。特に2012年12月に日本で安倍政権が発足した後、軍事・防衛政策を変更し、安倍首相が尖閣諸島を巡る中国との対立を煽ろうとしたことから、2013年の日中 …
イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、文化革命最高評議会のメンバーと会談しました。この評議会は国の最も重要な文化機関であり、イランの文化政策をたてる主な責任を負っています。この評議会のメンバーは最高指導者によって決定され、大統領がそのトップと見なされています。ハーメネイー師は、この評議会のメンバーとの会談で、文化や外国の文化的侵略に関する重要な点を …
マンデラ氏、ヨハネスブルグにて逝去 最近、南アフリカの人種差別アパルトヘイトとの闘争のシンボルだった、ネルソン・マンデラ元大統領が、同国の黒人数千万人に惜しまれつつこの世を去りました。彼は、長期間にわたる闘病の末、今月5日にヨハネスブルグの自宅にて95歳の生涯を閉じました。南アフリカのズマ大統領は、マンデラ氏の亡くなる数日前に次のように語っています。 「南ア …
人間の行動や発言、様々な傾向は、その人の人格を示します。実際、人格とはその人の思想や行動により生み出されています。人間は長い過程の中で、後天的に人格を形成します。このため、人格を変えることは難しく、時には不可能なのです。コーランでは、傲慢さは、最も危険な性質のひとつであるとされています。それは、すぐに独裁者に変わるための必要な条件を持っているからです。そうし …
スイス・ジュネーブでのイランと6カ国グループの合意のあと、情報筋はこの合意に対する世界の経済市場や株式市場のすばやい反応を明らかにしました。先月24日、ジュネーブで数回にわたる詰めの協議が終わった後、協議参加国の外務大臣は、イランの核計画を正式に認める第一段階の合意文書に署名しました。政治評論家やこの協議の成り行きを注意深く追っていた人々は、ジュネーブの合意 …
11月25日は女性に対する暴力廃絶デーとされています。1960年のこの日、ドミニカ共和国出身の政治活動家のミラバル3姉妹が、ドミニカの独裁政権により暴力を受け、殺害されました。彼女らの罪名は、反体制的な政治運動を行なっていた、というものです。1999年に、多くの機関、そして人権や女性の権利に関わる活動家の要請により、国連は11月25日を女性に対する暴力廃絶デ …
イランとアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国の3回目の協議が、11月20日にスイス・ジュネーブで開催されます。 … …
アメリカは半世紀以上、イランの国民に対し敵対的な措置をとっています。この敵対的な措置はいつから始まったのでしょうか?アメリカのイランに対する敵対関係は、どのようにして古傷となったのでしょうか?この問いに対する答えを得るためには、イラン現代史を参照する必要があります。 … …
新たな兵器の中で、細菌兵器やその技術が、国家テロや覇権主義的な政府の注目を集めています。なぜなら、核兵器は実質的な危険ではなく、抑止力でしかないと考えられているからです。この種の兵器を保有する国は、敵に対してそれを簡単に使用することはできませんが、それは核兵器を使用した場合、その被害が大変広範にわたり、また制御できないことによります。放射能汚染、放射性残留物 …
10月17日は国連により、「貧困撲滅のための国際デー」として宣言されました。毎年この日は、全世界の人々が貧困や飢餓に苦しむ人々との連帯を宣言することで、貧困や差別を撲滅し、人間としての尊厳を守るよう求める機会を整えます。 … …
ニューヨークで開催された第68回国連総会の中で、改めて多くの国の首脳から国連改革の要請が提示されました。この要請は発展途上国からだけではなく、日本やドイツなどの先進国からも行われ、またインドなどの新興経済国からも表明されました。 … …