このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/12/20(日曜) 20:18

コーラン第26章 シュアラー章 詩人 第63節~第68節

コーラン第26章 シュアラー章 詩人 第63節~第68節

コーラン第26章 シュアラー章 詩人 第63節~第68節

 

慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において

 

第63節~第66節

فَأَوْحَيْنَا إِلَى مُوسَى أَنِ اضْرِبْ بِعَصَاكَ الْبَحْرَ فَانْفَلَقَ فَكَانَ كُلُّ فِرْقٍ كَالطَّوْدِ الْعَظِيمِ

وَأَزْلَفْنَا ثَمَّ الْآَخَرِينَ

وَأَنْجَيْنَا مُوسَى وَمَنْ مَعَهُ أَجْمَعِينَ

ثُمَّ أَغْرَقْنَا الْآَخَرِينَ

「そのとき我々はムーサーに啓示を下した。杖で海を打ちなさいと。それから海は真っ二つに裂け、それぞれは壮大な山のようになった。また、我々は他の人々[、フィルアウンの軍勢]をそこに近づけた。またムーサーと彼と共にいた全ての人を救った。そして他の人々を溺れさせた」 (26:63~66)

 

前回の番組でお話したように、フィルアウンは大勢の軍隊と共に、ムーサーとその仲間たちを追いかけました。彼らがナイルの川についたとき、ムーサーとその仲間たちはフィルアウンの軍勢に囲まれてしまいました。目の前には荒れ狂う波があり、後ろには、武器を持った敵たちがいます。ムーサーの仲間たちは、フィルアウンから解放されるための救いの道を見出せず、深く心配し、諦めそうになっていました。しかし、神を頼りにしていたムーサーは、イスラエルの民は救われるという神の約束が絶対であることを知っていました。そのため、彼らに希望を与えて言いました。「彼らは決して、私たちに追いつくことはないだろう。私に、あなた方をエジプトから脱出させるように命じられた神が、きっと、私たちに救いの道を示してくださるだろう」

 

この4つの節で、神はムーサーにこのように語っています。「フィルアウンの前に投げ、大きな蛇に姿を変えたあの杖で、今、ナイルの川を打つのだ。そうすれば、水の間にいくつかの道が現われ、水が互いの上に乗り、大きな山が現われるのを見るだろう」 ムーサーもそれを実行し、杖で川の水を打ちました。すると突然、川の水が真っ二つに割れ、波が急速に高く積まれ、その間に道が現われました。そしてムーサーの命により、彼の仲間たちはナイル川に入って行き、そこに現われた道を無事に通過したのです。

 

フィルアウンとその仲間たちは、このような明らかな奇跡を目にしたにも拘わらず、高慢さを捨てきれず、なおもムーサーとイスラエルの民を追いかけ、ナイル川に入りました。彼らは、自分たちの生が終わろうとしていることに気づいていませんでした。ムーサーの仲間たちの最後の人間が水の間の道を通りきったとき、神の命によって再び、2つに割れた水が重なり合い、大きな波がフィルアウンとその軍勢を襲いました。こうして高慢なフィルアウンとその軍勢は滅亡しました。自分は神だと主張し、莫大な富と権力を誇っていたフィルアウンは、いつの日か、ナイル川にこのようにして飲み込まれ、自分も軍勢も皆、溺れて死んでしまうなどとは考えてもいませんでした。

 

フィルアウンはそれ以前にも、ムーサーの杖が蛇に姿を変えたのを自分の目で見ていました。もしそのとき、ムーサーの行いが魔術とは違うことを悟っていなかったとしても、大きなナイル川の間に陸地が現われたこのとき、なぜ、ムーサーが本物の預言者であることに気づなかったのでしょうか?あの時にはフィルアウンはムーサーを信じようとしていませんでしたが、このときにはそのような奇跡を自分の目で確かめたのですから、ムーサーとその仲間を追うのをやめ、彼らを解放することによって、自分と軍勢の命を危険から守ることができたはずです。

 

第63節~第66節の教え

・自然、水や土といった自然の要素は、神の意志によって特別な僕に委ねられます。

・神の意志は全てのものに及びます。神の意志によって、杖が蛇になることもあれば、海を陸地に変え、敬虔な人々のための道を開くこともあります。またこの杖が、大地から水を沸き立たせる手段になることもあります。

・神が望めば、宗教を助ける人々は、最も困難な状況にあっても神がそこから救ってくださいます。

 

第67節~第68節

إِنَّ فِي ذَلِكَ لَآَيَةً وَمَا كَانَ أَكْثَرُهُمْ مُؤْمِنِينَ

وَإِنَّ رَبَّكَ لَهُوَ الْعَزِيزُ الرَّحِيمُ

「この出来事の中には明らかなしるしがある。だが、彼らの多くは信仰を寄せなかった。本当にあなたの主は、寛容で失敗のない方である」 (26:67~68)

 

ムーサーとフィルアウンの物語の終わりに、神はイスラムの預言者とイスラム教徒に次のように語りかけています。「フィルアウンと彼の軍勢がナイル川に溺れた物語の中には、多くの教訓がある。圧制者たちにとっても、また、圧制下にある虐げられた人にとっても。圧制者は、もし神がお望みであれば、彼らの王座は半日で奪われ、いかなる軍勢をもってしても、それを脱することはできないという教訓である。また虐げられた人々は、もし圧制者の支配から逃れたければ、宗教的な偉人を指導者として立ち上ること、そうすれば神は彼らを助けてくださり、救いを得られるという重要なことを学ぶべきである。これは僕たちに関する神の掟である」

 

こうしたしるしや教訓にもかかわらず、多くの人々は、真理を追い求めようとも、信仰を寄せようともしませんでした。神はこの物語の中で、圧制者に対する決して妨げられない自らの力を示し、敬虔な人々、ムーサーの仲間たちに対して特別な慈悲や恩恵を示しました。

 

第67節~第68節の教え

・真理を知りたければ、創造世界における神のしるしや痕跡は非常に明らかです。それらを見れば、その人は確信を得るでしょう。

・神の掟は歴史を通して、真理を助け、偽りを滅ぼすものです。

・神は先人たちの歴史を述べることで、預言者と敬虔な人々を慰め、忍耐強くあることを教えています。

 

Add comment


Security code
Refresh