このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/12/20(日曜) 22:26

コーラン第26章 シュアラー章 詩人 第78節~第82節

コーラン第26章 シュアラー章 詩人 第78節~第82節

コーラン第26章 シュアラー章 詩人 第78節~第82節

 

慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において

 

第78節~第80節

الَّذِي خَلَقَنِي فَهُوَ يَهْدِينِ

وَالَّذِي هُوَ يُطْعِمُنِي وَيَسْقِينِ

وَإِذَا مَرِضْتُ فَهُوَ يَشْفِينِ

「まことに私を創造した方、彼こそ私を導かれる方。私に食糧を与え、飲み物を下さる方。また私が病気になれば、彼こそ、私を治療してくれる方である」 (26:78~80)

 

前回の番組では、預言者イブラヒームと偶像崇拝者の会話を紹介しました。その会話の中で、預言者イブラヒームは、論理的な方法で、人間の生活に偶像が何の役割も果たしていないことに触れました。しかし、偶像崇拝者たちがイブラヒームに言った言葉は、ただ、先人たちに従うというものでした。今夜の番組では、預言者イブラヒームが偶像崇拝者にこのように語ります。「あなた方の神は、私たちが見たようなものであった。だが私の神は、私の創造や成長をその手に握る方である。彼こそ、私に理性と思考を与え、正しい道と誤った道を識別できるようにした。また彼は私に、善と悪を見分ける力を与え、正しい道へと導かれるようにしてくださった。神は私に道を示しただけでなく、私の物理的なニーズもかなえてくださっている。神は食べ物や飲み物、治療の可能性を私に与え、病気のときにそれを使うようにと教えてくださった。そう、私の過去、現在、未来、私の肉体や精神、私の健康や病は皆、神の手の中にあり、神は私の全ての状態を知っておられる。そして私が気づかないうちに、私のニーズを満たしてくださる」

 

第78節~第80節の教え

・創造という恩恵の次に、導きこそ、神が人類に与えた最大の贈り物です。

・薬は治療の手段ですが、その効果、人間が病を治せるかどうかは神によって決められます。神は、私たちの体に病気を治す力を与えてくださっています。そして薬も神が創造され、薬学の知識もまた、人間に与えられた知性によって生み出されています。つまり、全ては神からのものなのです。

 

第81節~第82節

وَالَّذِي يُمِيتُنِي ثُمَّ يُحْيِينِ

وَالَّذِي أَطْمَعُ أَنْ يَغْفِرَ لِي خَطِيئَتِي يَوْمَ الدِّينِ

「また、私を死なせ、それから蘇らせる方。そして、最後の審判の日に、私の過ちを赦してくださるよう望む方である。」 (26:81~

82)

 

前の節で、預言者イブラヒームは、現世の生活における神の役割に触れました。この節では、死後の世界における神の役割に触れ、偶像崇拝者に対し、彼の生と死、現世と来世、全ては神の手の中にあることを理解させようとしています。預言者イブラヒームはこのように語っています。「私など存在しなかったとき、神が私をこの世に創造し、再び私の魂を取り除き、この世から消す。だが神は私を放置したりはしない。別の世界で私に生命を与え、私は、良い行いの報奨や悪い行いの懲罰をそこで見ることになる。私の神は寛容な神である。現世で僕たちに恩恵を与えてくれるだけでなく、来世でもまた、僕たちに恩恵を与える。私が現世であらゆる欠点や怠慢を持っていたとしても、神がその偉大さによって私を赦してくださることを望んでいる」

 

イスラム教徒は、神の預言者たちは一切の罪を免れた存在であり、いかなるときも、神の命に逆らうことはないと考えています。それでもなお、彼らは常に、神の御前で自分は、人々を導くという重大な責務の遂行を怠ったのではないかと考え、神に赦しを請い求めます。言い換えれば、神の預言者たちの目的は、全ての人を導くことですが、実際、そのような要求が叶うことはなく、多くの障害が現われます。預言者たちは、障害を取り除き、神の言葉を人々の耳に届ける上で自分たちに怠りがあったのかもしれないと、そのことを恐れます。そのため、神に対し、自分に怠りがあったのであれば、それを赦してほしいと求めるのです。

 

第81節~第82節の教え

・一神教の世界観では、死は人間の最後ではなく、新たな人生の始まりとされています。

・自分の善い行いだけを拠り所としてはなりません。神の赦しと慈悲を必要としない人間は存在しません。神の預言者たちでさえ、神の赦しと慈悲を期待していたのです。

・神の赦しを期待し、それを請うことは、神の預言者たちのやり方です。

・人間の物質的、精神的なニーズは、人生の始まりから終わりまで、神の手の中にあります。

 

Add comment