このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イスラム、私の選択
2014/04/08(火曜) 18:03

ターヘレさん

新たにイスラム教に改宗した、アメリカ・ニューヨーク州出身の女性ターヘレさんは、現在ハーフェズという名前の息子さんと、サーベレという名前の娘さんの母親となっています。彼女は2007年にイスラム教に改宗し、1年後シーア派を信仰するようになりました。彼女はキリスト教徒の家庭に生まれ、アメリカ保健福祉省での仕事の中で、様々な地域を訪れました。 … …
2014/04/08(火曜) 17:37

ホシノ・アツコさん

イスラム教に改宗した日本人女性、ホシノ・アツコさんは若い日本人女性で、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロが起き、その後メディアがイスラム教とイスラム教徒を攻撃した後、他の人と同じように、イスラム教の実際に興味と疑問を持ち、多くの勉強を行なった後、イスラム教に改宗しました。彼女はインターネットや様々なイスラム教のサイトを参照し、コーランという、包括的で …
2014/03/17(月曜) 20:35

サラ・トレースさん

イタリア出身の女性、サラ・トレースさんは最近イスラム教徒に改宗しました、自分について、彼女は次のように語っています、「私は29歳の獣医で、父と私はキリスト教徒、母はユダヤ教徒でした。私は少女時代から多少なりとも適切な服装を身につけており、イスラム教について知らないながらも、パーティーでは体を露出しない服を着用しようと努めていました。それは、そうすることが私の …
迷いの世界から信仰の世界に移り住み、神がイスラムの光でその人の心を照らした人々の運命の変化は、耳を傾けるに値する、大変興味深いものです。それは、はじめからイスラム教徒だった人とは違い、このように後からイスラムに入信した人々は大きな選択を迫られており、彼らの置かれた環境や文化的、社会的な体制からして、多くの困難や圧力に直面しているからです。しかし、彼らは真理に …
2014/02/17(月曜) 19:52

アブー・ハーディーさん

新たにイスラム教に改宗した、アブー・ハーディーさんは、イスラム教への改宗の経緯について、次のように語っています。「私がイスラム教に改宗した経緯は、アメリカ西海岸のロングビーチの街から始まります。私が4歳のとき、両親が離婚し、その後父は別の町に行くことになり、私と双子の兄弟、妹は、母と共にロングビーチに残されました。母は私たちの生活費を稼ぐために、大変に苦労し …
アメリカ人の男性トーマス・クレイトンさんは、アメリカからあるイスラム国を訪れたとき、イスラム教徒の集団礼拝に惹かれ、イスラム教に傾倒するようになりました。彼はイスラム教に改宗したいきさつについて、「青々とした美しい畑のそばの集団礼拝の光景が、私をひきつけたのです」と語り始めました。 … …
2014/02/03(月曜) 19:04

アリス・ラファエルさん

タンザニア出身のアリス・ラファエルさんは、キリスト教信仰を持った厳格な家庭に生まれました。イスラムの光で心を満たされたラファエルさんは、イスラムの世界で多くの経験を積む為に、多くの困難に耐えました。彼女は常に神に対して、自分の両親をも導いてくださるよう求めていました。彼女はイスラム教に改宗したあと、ラビーアというムスリム名を選んでおり、現在ケニア人の夫と結婚 …
ルーマニア出身の男性、ルチアン・コジョカルさんは、イスラム教の改宗について次のように話してくれました。「私と母は、日常的にキリスト教の正統派教会に通い、神に近づこうと努力していました。特に当時、私達は生活上の多くの問題を抱えていました。確かに、私は教会の雰囲気に不満を感じていましたが、宗教を必要としていたことから、教会と決別することはできませんでした。時間が …
2014/01/23(木曜) 23:48

ランツェルさん

「私たち人間は、本質的に唯一の神を信仰する存在です。仮に、この真理に気づきたいと思わなくとも、それでも心の中の声が私達を神の方向へと惹きつけようとします。残念ながら、西側世界では多くの問題に直面していますが、それは、一部の人間がその声に耳を傾けず、物質的なものにおぼれてしまっていることにより、精神的な事柄を忘れていることに起因します」。これはオーストリアの若 …
2014/01/12(日曜) 23:01

マリアさん

ルーマニア出身の女性、マリアさんは、探究心と神を求める心を持ち、新たな世界を知ろうとしています。この世界こそは、彼女が長らく遠ざかっていた自分の人間的な本質を取り戻させるのです。マリアさんは、有名な人物でもなく、特定の作風を持つ作家でもありません。しかし、彼女は真理を求める人間です。彼女が生まれた環境には、物質主義的な教えが広まっていました。しかし、彼女は自 …
2014/01/06(月曜) 23:21

クルトさん

イスラム教は、複数にまたがる独自の特徴を持っている宗教で、そのいずれも、真理を追求する強い動機となりえるものです。しかし、全ての人にとってはそのうちの1つが目立つものであり、人をひきつけます。カナダ出身の男性、クルトさんは創造世界の現象を考える中で唯一の創造主の存在を理解し、次のように話してくれました。 … …
2013/12/30(月曜) 18:59

ナカタ・カオリさん

「イスラム教徒のモスクの精神性にあふれる魅力が私を魅了し、私は一歩一歩、歩み出し始めました。ある声が私の耳に響き、『あなたはもうじき真理を理解できるだろう』という吉報を与えていると感じたのです」 … …
2013/12/15(日曜) 21:08

スーザン・オブリーさん

神は、人間が常に自分の周りの問題の真理を永遠に求めるよう、その本質を創造しています。人間は生まれてから死ぬまで、真理にいたる為の探求を行ないます。もっとも、この努力はその人の環境や年齢、肉体的条件、思想、行動の分野によって行なわれます。言い換えれば、神は完成と幸福に到達し、この世の真理と叡智を理解する為の十分な能力を人間に与え、これらを利用して、人間は自らが …
ロシア出身のセルゲイ・アファナシエフさんは正義や自由、貧困や暴虐との戦いといった理想を、常に聖なるものであるとして賞賛しています。しかし、彼は歴史を勉強したことで、人間によって作られた政治体制は長い歴史において、崇高な理想を実現できなかったことを知りました。アファナシエフさんは、これについて次のように語っています。 … …
2013/11/25(月曜) 23:46

クワンさん

マレーシア出身の男性、クワンさんは、仏教徒の家庭に生まれました。彼は、6歳のときから中華学校に通い、儒教と出会います。9歳のときには、マレーシアの首都クアラルンプールにあるビクトリア・スクールで英語を学びました。彼は、しばらくしてから新約聖書の存在を知り、数年後にキリスト教徒になろうと決心します。クワンさんは教会で説教を行なう聖職者となるほど、キリスト教を勉 …
2013/11/18(月曜) 20:14

ランツェルさん

ここ数十年間、多くの思想家がイスラム教に関心を持ち、引き寄せられています。このことは西側諸国で顕著です。ここで、イスラム教が他の宗教と比べて優れている原因とは何か、これほどまでに西洋の思想に影響を与え、多くの人々をイスラムにひきつけたものは何か、という疑問が出てきます。この影響力は、一部の作家や評論家がイスラム教への傾向を示すほど大きなものです。様々な研究は …
2013/11/11(月曜) 23:31

ジャネットさん

西側のプロパガンダがイスラム教に関して提示する、悪いイメージにもかかわらず、イスラム教という天啓の宗教は今日、西側の多くの人々に受け入れられており、彼らはイスラム教に精神的な安らぎや、むなしさの解消を求めています。西側の人々は、安らぎのなさや不安感、道徳的な退廃、社会問題やそのほか多くの問題に苦しんでいるため、かれらは真理を求め、安らぎに到達するためにイスラ …
2013/10/28(月曜) 22:10

ララさん

今回は北ヨーロッパの出身でカナダ在住女性ララさんが、どのようにしてイスラム教に改宗したのかについて、皆様にご紹介したいと思います。 … …
2013/10/09(水曜) 20:35

ウルフ・カールソンさん

人間には、ごく自然に純粋な美を求める本能が備わっており、それは人間の特性のひとつでもあります。私たちは自然な形で窓から青い空を眺めて楽しみ、花をみて、その匂いをかぐのを好み、美しい絵画作品を鑑賞しますが、時折、こうした感性が非常に研ぎ澄まされ、それにより芸術作品を生み出すことがあります。そのため、芸術は、創造世界の真理の多くの部分を見る為に、世界に対して開か …
2013/10/06(日曜) 21:01

ナターシャさん

イスラム教の特性のひとつは、その教えが人間の本質的にそったものである、ということです。それは、その道徳的な原則や実践的な戒律が人間の本質と一致し、調和しているものであるということを意味しています。イスラム教は人間に対して、人間の本質と完全に一致し、調和しているもの、つまり正義、自由、同胞の精神、知識の獲得や、倫理的に好ましくない行動や醜い行いを自制したり、正 …
1 / 4 ページ