このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イスラム、私の選択
「遅かれ早かれ、全ての人間には、精神の栄養が必要であると感じるときが来ます。このような時は私にも到来しましたし、私はそこで宗教に関心を持ったのです」、この言葉はロシア出身のルスラン・マルチャノフさんの言葉の一部です。彼は精神面の変化を受けて、ある拠り所の必要性を感じ、それを宗教に求めることになりました。マルチャノフさんは魂が必要とするものについて語っています …
2013/08/26(月曜) 22:58

ジェルマヌス博士

ハンガリーのオリエント学者で、イスラム教が人類にとって理想的な宗教であると知った、ジェルマヌス博士は、イスラム教に反対する西側メディアや宣伝機関の努力にもかかわらず、イスラム教の実際の姿を知り、イスラム教を選択しました。イスラム排斥の中で最も重要なもののひとつに、他の宗教を信じる人々の間に、イスラム教徒に対する悪い印象を植え付ける目的で、イスラム教徒は粗暴な …
イスラム教はその出現から現在まで、あらゆる場所に吹く心地よいそよ風のように、真理を求める人間の命と精神にみずみずしさを与えてきました。イスラム教の教えは、真理を求める中で迷い、答えを見出せなかった人間の全ての疑問に答えるものです。これは、単なる1つの主張ではなく、失われた自我をイスラムにおいて取り戻した人の証言という、否定できない現実なのです。 … …
2013/07/08(月曜) 18:56

ウォルターロールさん

人間は本質的に自らの幸福と幸運を求めます。幸福に到達することを想像して喜びにひたり、つらい未来について考えると、ひどく強い不安を感じます。明らかに人間の世界観は、その人の不安や安らぎの程度に影響しています。信仰は世界に対する人間のものの見方を変え、創造が目的を持ったものであり、その目的が素晴らしく完全なものであることを示します。結果として、現世の包括的なシス …
全ての人生の出発点と終着点の間には一本の道が存在し、全ての人がその道をそれぞれの方法で通過します。一部の人はこの道で、表面上は全て美しくても、よりどころのない現世の生活を選択します。また一部の人は来世での救済を手に入れられるよう、現世とその恩恵を利用します。イスラム教は最後の完全な天啓の宗教として、それに従うことで現世と来世での人間の幸福と幸運を保証する教え …
2013/06/25(火曜) 20:28

マクレーンさん

私たちが生きている世界では、責任者や運営者が存在しない組織は存在しません。もし、社会的な組織や機関のような小さな単位が、運営者や責任者を必要とするなら、いかにして人間社会が指導者なしにその目的を達成することができるのでしょうか。あらゆる存在を完成させることを惜しまない神は、等しく人間を完成へと導きます。そのため、正しき人が人間を正しい道へと導くために、神は預 …
歴史の証言によると、イスラム教の拡大は、勝利という公式な、そして明らかな方法の結果である以前に、この天啓の宗教に隠された精神性という魅力がもたらしたものです。この事実の正しさを証明するものは、多くの学者が注目しているものであり、学習や研究という難しい道を歩んだあと、最終的にイスラム教に到達している学識者の数です。今回は研究活動により、イスラム教にたどり着いた …
2013/05/27(月曜) 19:21

タニア・ポーリングさん

残念ながら、西側の社会を支配している文化は、人間の幸福を、物質的な傾向に対する、際限のない満足の中にあるとしています。確かに人間の死によって全ての物質的な傾向は終わりをむかえるでしょう。精神性や宗教がそれほど重視されないこのような社会においては、人間は最高レベルの物質的な利益を享受しているにもかかわらず、満たされていると感じることはありません。常に何かしらの …
もし、人間は信仰や宗教思想を持つ場合、自らの責務に忠実になりますが、もし、信仰や宗教を持たなければ、その人の責務は明確出ない中で、常に疑念に苦しむようになります。このため人間は、歴史の中で信じている理想に基づき、人生を歩み、その道に身をささげてきました。しかしそれらの理想の中で、人間を好ましい形で影響下におくのは、宗教的な理想や信仰だけです。なぜなら、それは …
2013/05/05(日曜) 21:41

アフマド・ハニーフさん

過去から現在まで、思想家たちの議論の中心の一つであり、人生におけるその大変重要な役割に注目されているのは、預言者たちの召命です。なぜ人類は預言者や啓示を必要としているのでしょうか、啓示を得ることなく人間が幸福を得るのは可能なのでしょうか。イスラム学者でイランの思想家の一人、メスバーフ・ヤズディー師は、この問題について次のように語っています。 … …
2013/04/30(火曜) 21:30

エリカ・シュミットさん

今回はまず初めに、『西洋の没落』を著した、ドイツの著名な学者、オズヴァルト・シュペングラーの言葉を皆様に紹介したいと思います。 「私たちは別の時代から続いている曲線の上に位置し、ローマ皇帝やその文明を破壊した時代のように、下り坂に向かっている」 … …
2013/04/07(日曜) 20:46

ゼイナブ・カーリンさん

社会の中で、人間的な愛情が欲望という本能の干渉を受けることによって弱まるときは必ず、動物的な本能がその社会の中で成長しています。このような状況はその社会を、精神的な危機に直面させることになり、その危機に関しては愛情や文化の欠乏によって説明されます。無慈悲な暴力行為や、犯罪、他人の権利の蹂躙の拡大、宗教的、文化的精神的な価値観の軽視は、この文化的な欠乏を明らか …
真理の追求とは、人間の中に永久に存在する本質的な感覚で、心理学者はそれを「好奇心」と呼び、もしこの感覚が成熟すれば、人類に真実の世界を知らしめると考えています。この番組では、正しい道を歩む人々の言葉から、「内面的な力や本質による熱意が彼らを真理への追求に向かわせる」という言葉を、何度も聞いてきました。イスラム教の真理を知ることは、彼らにとって新たな生を受ける …
2013/03/14(木曜) 00:19

インゴ・ヤンセンさん

今日、人間は心のさびを落とし、安らぎに到達するため、清浄な雰囲気と安全な環境を求めています。現在、宗教の価値ある影響の中で、自分の未来のための幸福な人生を描くための明るい地平が人類の前には開けていることがわかります。宗教への傾向は人間の本質的なものであることから、容易に国境や大陸、人種すらも超え、互いに結びつけます。 … …
2013/03/03(日曜) 19:48

ユー・リーさん

ユー・リーさんは、小さな台を自分の部屋のベランダの睡蓮の脇に置きました。睡蓮の花はリーさんにとって見慣れないものでしたが、心地よさを生み出します。リーさんは睡蓮の花びらに触れました。その花びらの繊細さを全身で感じます。あたかもリーさんの精神も睡蓮の花びらの繊細さをもったかのようです。夕日は心をかきたて、いつものように大空に輝く星々への期待に心を震わせます。空 …
今日、人類は魂や精神を洗い清め、安らぎを得るために清らかで精神的な環境を求めています。世界的に宗教の建設的な思想は、人々の間でその地位を取り戻しつつあります。宗教を破壊したマルクス主義やリベラリズムのような物質的な思想は、もはや過去の遺物となり、衰退しています。基本的に、宗教的傾向は本質的な現象であり、地理的・時間的な制限に制約されないものであるばかりか、容 …
疑いなく、この世界を生きる人間は誰でも、尽きることのない真理への傾向をもち、渇いた魂をもつ、生きる意味を追い求める人は、最終的にそれを手に入れます。ナイジェリア系のイギリス人、アブドゥルラウーフ・シャクヤーさんはそうした人の一人です。 … …
イスラム教は、価値ある宗教であり、認識と情報を与える宗教です。この天啓の宗教は常にその全てを包み込む輝きにより、清い心を持つ人や真理を求める人を強い力で幸福の方向に導きます。預言者ムハンマドによるイスラム教に招待された数十年間で、イスラム教がアジア、ヨーロッパ、アフリカに拡大したことは、歴史の中で注目に値する事実です。過去から現在まで多くの人々がイスラム教に …
2013/02/04(月曜) 21:11

ナタリー・ルベールさん

イスラム教は天啓の宗教を完成させる宗教として、最も普遍的な人類の幸福への処方箋を世界に提示しています。これにより日々自らの存在を解放の方向へと広げてきた人間は、生きる中で無意識にイスラム教の大きな光輪の中で、その教えの真理を自らのうちで理解し、渇きに苦しむ人のように、湧き出る泉に向かって駆け寄ります。 … …
宗教は、人間を崇高な存在に変えるものであり、その人の重要な理想を永遠に実現させる目的の探求を行わせ、生命力を与える存在です。過去についての研究は、人類の歴史が常に宗教とともにあったことを示しています。この真理は、多くの思想家に、人間がなぜ宗教を必要としているかという秘密について熟考させ、この分野に関するさまざまな考え方を生み出してきました。あるグループは、人 …