このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
イスラム、私の選択
2012/08/25(土曜) 20:51

ジャン・ジャクソンさん

人生は、様々な問題や困難と共にあります。その始まりから現在まで人間の生活の歴史に目を向ければ、誰も人生の僅かな期間でさえ困難と無縁に過ごすことが出来なかったことは明らかです。こうした中で、21世紀の人間は、工業技術の進歩にもかかわらず、これまで以上に危害や危険に晒されています。機械化された生活の拡大は、人間の肉体的苦労を少なくしてきましたが、その心と精神を縛 …
ヘザー・オルムステッドさんは、アメリカのウィスコンシン州で生まれました。彼女は現在、イスラムを人生における最良の同行者、道案内であると認識しています。この番組では、このアメリカ人女性の信仰と、光への導きの物語をご紹介いたします。 「私は改宗して間もないイスラム教徒女性です。2002年8月15日に信仰告白を行いました。このことを私はとても嬉しく思っています。な …
2001年9月11日の出来事は、西洋でイスラム排斥が激化する転換点となりました。この事件をイスラム教徒に関連付けることで、西側諸国、特にアメリカは、イスラム教徒に対するプロパガンダや軍事攻撃さえも、より自由に進めることが出来るようになりました。彼らは、騒ぎ立てることによって、真実に反した事柄をイスラムに関連付け、受け手がそれを受け入れてしまうほど、それを繰り …
2012/07/29(日曜) 19:58

ザイド・シャーキルさん

人間は、いつの時代もそこから切り離されることのない、確固とした真の望みを持っています。この、人間の持つ普遍的な望みとは、全ての人の中に生まれたときから存在し、また人とともにあり続ける生来のものです。宗教への必要性は、人間の中に奥深い根を持つこうした望みの一つです。歴史研究もまた、人が常に信仰と世界の創造者への認知を必要とし、宗教がこの必要性に回答を与えるもの …
2012/07/24(火曜) 21:20

マリリン・ヒルさん

イスラムの出現は、預言者ムハンマドと彼の教友たちの努力による、数え切れない成果を伴う、人類史における転換点です。この成果の一つに、文明と文化の拡大、圧制と無知からの人々の解放、イスラム世界における諸学の発展とその後の他の諸国民への伝播が挙げられます。 人間社会にイスラムが影響を及ぼした歴史的な要因も、数多く、否定しがたいものです。こうした要因の一つとして、イ …
2012/07/24(火曜) 20:02

ナカタ・ハウラさん

2003年の夏の終わり、フランス政府は、国内の学校におけるヘジャーブや宗教的シンボルを身につけることに対する苛烈なプロパガンダを開始しました。フランス政府はこのような立場を採用し、様々な手段を用いることで、世論を惹き付けようと努めました。しかしながら、信条の自由と個人の問題における政府の中立を統治の基礎と見なすフランスの政教分離的統治は、自国民にヘジャーブ着 …
2012/07/17(火曜) 20:04

スコット・リンチさん

最近イスラム教徒に改宗した、アメリカ出身のスコット・リンチさんは次のように語っています、「至高なる神は永遠の真実です。誰でも神からのメッセージを聞くことができます。このメッセージは私の心の中で毎日色濃くなっています。創造主との古くからの関係は、イスラム教を知り、それを通じて神の唯一なる真実を理解するまで、およそ20年間私の下にのしかかっていました」。 リンチ …
マーシャ・エリーリーキナさんは、ロシア語圏では有名人です。彼女は数年前まで有名な女優として人々の話題になっていました。芸能界で名声の頂点に達し、多くのファンを獲得しようとしていたとき、多くの疑問を残したまま突然芸能界の引退を宣言しました。しかしすぐに「マーシャ・エリーリーキナはイスラム教徒となり、現世的ないつわりの輝きよりも、イスラム教徒の服装と信仰を優先さ …
4 / 4 ページ