このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2014/08/21(木曜) 23:15

2014年8月22日(芝田・山口)【音声】

2014年8月22日(芝田・山口)【音声】

●リスナーより

「テヘラン市内のタクシーの仕組みを知りたいです。放送で取り上げてください」

●ラジオより

芝田:
山崎さん、お便りありがとうございました。
ということですが、山口アナウンサーは、テヘラン市内のタクシーはよく利用されますか?
山口:
そうですね、急いでいる時や、よく知らないところにいく場合には、アジャンスと呼ばれる、電話1本できてくれるタクシーを頼むこともあります。特にイランに来たばかりのころは、それこそ西も東も分からないような状態でしたから、頻繁に頼んでいた記憶がありますが、もう最近は殆どの場合は公共の乗り物、バスやハッティーと呼ばれる乗り合いの路線タクシーを利用することが多いですね。それから、最近ではウーマンタクシーと呼ばれる、ドライバーが女性の、女性専用のタクシーも見たことがあります。私はまだ乗ったことがありませんが、今後何かの折に一度試してみようかと思います。
芝田:
テレフォンタクシーは、ドアツードアで便利ですけれど、他の公共交通機関よりは割高ですよね。イランでは乗り合いのタクシーがあって、好きなところで乗り、好きなところで降りることができますよね。また、このタクシーでは、お客さんの入れ替わりが激しいですが、女性が男性に囲まれて座らないように、みんなが自然に気を遣い合いますよね。初めてイランに来たとき、そのような乗り方に衝撃を受けたのを覚えています。しばらくは慣れなくて緊張しました。それから、実は私は、ウーマンタクシーに乗ったことがあります。で、そのときの運転手さんは、車の中に自分の手作りの手工芸品を飾っていて、その宣伝までしていました。一人、イラン人の女性がお買い上げでしたよ。とても面白かったです。

●リスナーより

「シーラーズは見所がたくさんあるいい町のようですね。日本人が観光で行くことってあるのでしょうか」

●ラジオより

芝田:
山口アナウンサーは、イラン全国のいろいろな場所を旅されていますが、このイラン南部の都市シーラーズは、旅行されたことはありますか?
山口:
はい、実はもう20年近く前のことになりますが、1度だけ行ったことがあります。シーラーズ市内から60キロ近く離れた、憧れのペルセポリス、古代ペルシャの遺跡を見て非常に感激したことを覚えています。その昔、高校時代の世界史の教科書の表紙にペルセポリスの写真が載っていまして、一度は世界の古代遺跡を見てみたいと願っておりました。それから、テヘランや日本の青空とはまた違う、灼熱の太陽が照りつける、群青色のような青空がとても印象的でした。そしてもちろん、シーラーズ生まれの大ペルシャ詩人・サアディとハーフェズのお墓も見てまいりました。確かその時には、こういう大詩人のように詩の一句でも詠めるようになれればなあと、お祈りしてきた記憶があります。それから20年経ちましたが、まだまだペルシャ語に四苦八苦しております。サアディやハーフェズにあやかって、もう少し文才を身につけたいと、改めて願っております。このシーラーズは、皆様にも是非お勧めしたいイランの見所の1つです。
芝田:
そうですね。私も数年前に旅行で行きましたが、その壮大さに圧倒されました。そんなに大きな規模の遺跡だとは思わなかった、というくらい、壮大でした。

●リスナーより

「家族や家庭の重要性を改めて感じさせる事件が日本で起こったこともあり、イスラムと生活様式には非常に関心を持っています」

●ラジオより

芝田:
この番組は確か、山口アナウンサーが翻訳を担当しているんですよね。
山口:
はい、そうです。この数回は家庭や家族に関する話題が続いているようですが、この番組は、私も非常に関心を持っています。毎回内容を翻訳するたびに、現代人が忘れがちな、人として大切な何かを改めて思い出させてくれているように感じます。こういう話題には、非常に考えさせられます。「イスラムと生活様式」という題名ではありますが、実際には宗教の違いを超えて、日本の皆様にもきっと共感していただけれるのではないでしょうか。これまでにも、幸せの尺度であるとか、健康やスポーツ、人付き合いなど、色んな話題をお届けしてまいりました。この番組でお聞きいただいた内容も、皆様の日々の生活に少しでも生かしていただければと思います。ちなみに、この番組の次回以降の予告になりますが、結婚、そして生涯の伴侶を選ぶ際に当たって重視すべきこと、配偶者選びの基準といった話題が出てきます。是非これは、皆様にお聞きいただきたいですね。非常の納得のいく、うなずける内容だと思いますので、どうぞお聞き逃しなく。

●リスナーより

「久しぶりに日本時間の夜の生放送を受信しました。7月も中旬に突入し、日に日に暑さが増してきたため、なかなかラジオを聴く気力がわいてこなくなりました。やはり、この時期は、極力早起きして、日本時間朝の再放送を受信する方が得策ですね」

●ラジオより

芝田:
森井さん、おたよりありがとうございました。確かに暑い日には、何をやる気もうせてしまいますよね。早起きと言えば、山口アナウンサーは、普段から早起きを心がけていると聞きました。いつもはつらつとしていらして、うらやましいのですが。
山口:
はい、健康増進と、朝の時間を友好に活用することもかねて、もう3年半ぐらい前から朝型の生活を心がけています。インターネットなどで調べてみたのですが、生活を朝型にするだけで、体の抵抗力が高まり、病気にかかりにくくなるそうです。今から健康対策に力を入れておくに越したことはないと思いますし。そうすれば医療費も節約できますしね。それから、朝のうちに色々な雑事を済ませておけば、それから後のメインとなる仕事も落ち着いて出来ますし、特に銀行などは朝一番で行けば、待ち時間も少なくてすみます。朝少々早起きして、近くの公園を散歩して少々汗を流してから、帰りにパン屋さんで焼きたてのパンを買って、朝ごはんにはホカホカのパンを食べるということもできるわけです。早起きによるその他の効果として、考え方が前向きになる、生活習慣が改善される、ダイエット効果がある、その日1日頭の回転がよくなる、ということが挙げられ、その結果として生活全般がうまく回転するようになる、ということになるそうです。実際私自身も、朝型の生活にしてからは、折角体によい事をしているのだから、他のこと、たとえば食生活にもより気をつけるようになりましたし、オメガ3のサプリメントをとるようになったり、それからつい最近では週2回、早朝のヨガの教室に通い始めました。これから、どんな効果が出てくるか分かりませんが、とりあえずは、以前よりも風邪をひきにくくなり、また気持ちの切り替えが早くなったように思います。今日も、朝のヨガに行ってきまして少々筋肉痛が残っていますが、さわやかな気分になってよかったです。朝型の生活は、是非皆様にお勧めしたいと思います。

 

メディア

Add comment


Security code
Refresh