このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/10/23(金曜) 22:52

2015年10月23日(芝田・山口)【音声】

2015年10月23日(芝田・山口)【音声】

芝田

さて、山口アナウンサー、最近、ぐんと寒くなりましたよね。もう夜になると、ヒーターなしでは家の中でも辛いくらいです。

山口

そうですよね。特にテヘランは、春と秋が日本と比べて非常に短いと思います。ついこの間まで暑い厚いといっていたのが、あっという間に気温が下がって、ヒーターのほかにも冬物のコートやストール、布団ももう一枚出して使うようになりました。それから、着るものだけでなく、体を温める食べ物にも注目したいですよね。我が家では、ニンニクやしょうがをふんだんに取り入れていまして、特に最近はショウガのパウダーを熱湯に溶かして作る、ショウガ・ティーを楽しんでいます。

 

●リスナーより

 

「秋になり、あっという間に涼しくなってきました。平日、仕事に向かうために家を出るのが午前5時半前、夜明け前になってきました。これが寒いのです。駅まで20分ほど自転車に乗るのですが、朝の気温が15度を下回るようになると、手袋がほしくなります。日中との気温差が大きいのが困りものです。標高の高いテヘラン市ではもっと厳しい気温差があることでしょう。来年の夏が待ち遠しい限りです」

 

●ラジオより

芝田

山口アナウンサーは、朝のウォーキング、続けていらっしゃいますか?私はあまり早起きではないので、早朝の様子が分からないのですが、日中も涼しくなりました。というか寒いと感じるくらいです。

山口

はい、もうかれこれ5年ぐらいになるでしょうか。朝4時ぐらいに起きる生活を続けていますが、最近は日がだいぶ短くなりまして、朝起きたときはまだ真っ暗です。ところで、もう2ヶ月ほど前に引越ししたことは、ラジオ日誌でもお話したかと思いますが、今度引っ越したところは、残念ながら早朝にウォーキングの出来る公園がないんですね。そこで、最近は日が昇って来る前に、ほかの雑事を済ませてから、ヨガをやるパターンに切り替えました。少しでも健康が維持できたらと考えてはじめたヨガですが、凝り固まっていた体が少しずつほぐれていくのが感じられます。その後の朝食も、おかげでとてもおいしく食べられます。時には、主人の出勤時刻が遅いときには、2人で早朝にテヘランの北のほうの公園に行くこともあります。実は今朝、さっそく行ってまいりまして、朝食も公園の近くのパン屋さんで出来立てのほやほやのパンを買い求め、自宅から持参したバターと蜂蜜といっしょに食べてきました。朝日を眺めながらの屋外での朝食の味は格別でした。

芝田

いいですね。出来立てのパンを屋外で食べる、想像しただけでおなかがすいてきました。ところで、フーシュファルスタッフによれば、イランの気象庁は、今年のテヘランの冬は厳しい寒さになると発表したそうです。

山口

それではなおさら、寒さ対策、そして耐寒訓練が必要になるでしょうね。普段から薄着に慣れておくよう心がけたいと思います。もう何年前になるでしょうか、テヘランで30年ぶりの大雪を記録したときがありましたよね、確か、あの時は11月の上旬にかなりの量の積雪があって、今年は札幌よりテヘランの方が早く雪が降った、といった話をしていたのを覚えています。でも、冬に雪がたくさん降れば、夏の水不足の心配もなくなるのではないでしょうか。

 

●リスナーより

 

「お便りや受信報告は、郵便よりもメールの方がよいのでしょうか?メールだと届くのは早いと思いますが、郵便は郵便で味がある気がします。イランの郵便事情についてお聞かせいただけるとありがたいです」

 

●ラジオより

芝田

今夜の放送は聞いてくださっているでしょうか。イランの郵便事情についてのご質問でしたが、山口アナウンサーは、郵便、よく利用しますか?

山口

うーん、正直なところ今はほとんどはメールで済ませてしまいますね。ですが、何か品物を送るなどといった場合には、もちろん郵便局に行って発送手続きをする必要があります。それと、少々個人的なことになりますが、私たちのようにイラン人男性と結婚している女性は、テヘランの日本大使館に国籍選択の届出をしたほうがいいと言われてますよね。実は私は、ずいぶん前に済ませたつもりだったのですが、忘れていたことに気づきまして、あわてて昨年、戸籍謄本を添えて日本大使館に国籍選択の届けを出しました。まあ、これまでも日本のパスポートの切り替えもスムーズに出来ていましたし、別に届けを出していなくとも、日本の国籍がなくなったりすることはありませんが。このとき、戸籍謄本を取り寄せるのに、久しぶりに郵便を利用したというわけです。戸籍謄本の取り寄せは、Eメールではできませんので、ここは旧来の郵便制度の出番ですね。

芝田

個人情報などの重要な書類はメールではやり取りができませんものね。話しは変わりますが、日本のポストは赤い色をしていますが、イランは黄色に青い文字が書いてありますよね。国が違うと、ポストのイメージもかなり違いますよね。

山口

そうですね。所変われば品変わるといわれますが、色のほかにもイランのポストは、大きめのプラスチックの分厚いケースのような感じですよね。余談になりますが、日本語のジョークに「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、みんな私の責任です」などというのがありますが、イランバージョンですと、「電信柱が細いのも、郵便ポストが黄色いのも」ということになるのでしょか(笑)

 

●リスナーより

 

「外国へ行くときはパスポートが必要ですが、イラン国籍の人のパスポートの有効期間は何年なのですか? 成長の早い子供たちはすぐに顔写真が違ってしまうと思いますが、子供用パスポートも大人と同じですか。私は一度もパスポートを手にすることなく一生を終わりそうです。外国旅行のチャンスがなかったということでちょっと残念です」

 

●ラジオより

芝田

さて、イランのパスポートについての話題ですが、有効期間は何年でしょうか?

山口

はい、イランのパスポートは5年有効です。日本のパスポートは10年有効ですが、それと比べると半分ですよね。最近は、イランでもパスポートの取得の手続きが過去に比べて随分簡易化、迅速化されているようです。それから、手続きの流れはともかく、確か私がもうだいぶ前に日本のパスポートをこちらの日本大使館で切り替えたときには、大使館に出向いて受領したことを覚えていますし、その前に日本で切り替えたときも、自分で取りに行かなければならなかったんですね。ところが、イランでは本人が取りに行かなくとも、手続きの際に返信用封筒を提出すれば、郵送で届けてくれるんです。これは便利ですよね。

芝田

確かに便利ですね。ただし、郵送の場合も本人でないと受け取れないんですよね。この他、最近はどうか分かりませんが、日本だと、写真に何ヶ月以内に撮影されたもの、という条件がついていますが、イランの場合は以前はついていなかったため、ずいぶん若いときの写真を使っている人がいるのを見たことがあります。あと、イランだと、証明写真はスピード写真のような機械ではなくて、写真館に行って取ってもらうのが普通なため、番号を控えておけば、いくらでもコピーできる、という点がありますよね。それで一回撮影したものをずっと使いまわす人が多いのだと思います。また、イランのパスポートの特徴は、イスラエルへの訪問が禁止される、と記されているところでしょうか。

山口

そうなんですよね。日本のパスポートであれば、現在正式な国交のない国へも渡航できますよね。それと、イランのパスポートは男性の場合は、取得手続きの際に兵役義務の修了証明が必要になっていますよね。これに対して女性の場合は、兵役はありませんが、結婚している女性の場合は夫からのパスポートの取得の許可が必要になる、というのも特徴として挙げられると思います。

 

●リスナーより

 

「イランのタクシーでは、車内でコーランを流したりすることはありますか?」

●ラジオより

芝田

さて、ありますか?

山口

はい、イスラムというお国柄ですし、特にラマザーン月や、今やシーズンを迎えているモハッラム月になると、タクシー内でもコーランや殉教した英雄を偲ぶ挽歌を流しているところに遭遇します。特に、コーラン独特のあの朗々とした響きを耳にすると心が安らぐというイラン人は多いですね。私も朝早く起きて、テレビをつけたときに、ある日衛星放送でたまたまアフガニスタンのチャンネルをつけたことがありました。そのときちょうど、コーランの解説らしき番組をやっていて、今音読されているコーランが字幕で出るのですが、何ともいえない厳粛な雰囲気を感じたのを覚えています。特に現在、シーア派の英雄イマーム・ホサインの追悼のシーズンで、厳粛なムードになっていますから、普段月よりもコーランを流しているタクシーに遭遇するチャンスは多いのではないでしょうか?

芝田

お祈りの時間になると、アザーンというお祈りの時刻を告げる知らせが流れるので、それをつける人もいますよね。

 

メディア

Add comment