このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/02/26(金曜) 23:21

2016年2月26日(芝田・上野)【音声】

2016年2月26日(芝田・上野)【音声】

さて、今日はイラン全国で議会選挙と専門家会議の選挙が行われていますね。この選挙の1週間前から選挙運動が始まり、町の中には、掲示板が設置されて、候補者の写真やポスターが貼られるようになりました。

●リスナーより

「最高指導者のハーメネイー師が、イラン国民に選挙に参加するよう呼びかけましたが、イランは女性にも選挙権があるのですか?中東のどこかの国では女性に選挙権がないという話を聞いたことがありますが」

●ラジオより

芝田

イランは女性にも選挙権があるのですか、という質問ですが。

上野

はい、イランは女性も選挙権はあります。

芝田

そうですよね。日本では選挙権が20歳以上から18歳以上に引き下げられることになりました。イランの選挙権の年齢はいくつかご存知ですか?

上野

いくつでしょうか・・・?

芝田

実は、イランを含めて世界のおよそ190の国や地域のうち、9割以上が、選挙権が18歳以上なんだそうです。イランでは革命後、15歳以上、16歳以上など、何度か変更されたのだそうです。それから、女性の選挙権についてですが、イランでは女性にも選挙権が認められています。参政権ももちろん認められており、今回の選挙にも女性の候補者の姿が見られます。

●リスナーより

「昨年6月までのロンドン駐在時、テヘラン駐在の方が半年ごとに来る際に、お土産にピスタチオを持ってきてくれましたが、これが非常においしく、皆が楽しみにしていました。この他、"イランはこれがおいしい!"とお勧めの名物、特産品があれば教えてください」

●ラジオより

芝田

ピスタチオ、私も日本に帰国するときには、友達へのお土産で毎回買っていきます。やっぱり評判がいいです。他に何か上野スタッフがお勧めのものはありますか?

上野

ピスタチオ以外でお勧めは、ヤズドのお菓子です。ヤズドはイラン中部にある、ゾロアスター教で有名な町ですが、ここはお菓子でも有名です。ナッツとスパイスをふんだんに使ったバグラヴァと呼ばれる甘いお菓子の詰め合わせは、甘いものが好きな友人には喜ばれました。私が好きなのは、ゴッターブというお菓子で、これはアーモンド型をした揚げ菓子なんですが、外側は粉砂糖がまぶしてあり、中にはアーモンドやカルダモンを砕いたものが入っています。それからヤズドのお菓子で、パシュマクという綿菓子があり、これは日本の友人が大好きで買っていくと非常に喜ばれます。少し前、イラン国外に住む友人家族に会いに行ったのですが、そのうちの息子さんはイラン人と日本人のハーフで、一時期イランで育っていて、彼のリクエストでぜひイランからクルーチェを持って来てほしい!と言われました。クルーチェは日本でいうお饅頭のようなもので、小麦粉の皮の中に胡桃やココナッツなどの餡が入っています。私も小豆餡の入ったお饅頭系のお菓子が食べたくなるので、それと似た感覚なのかなとも思います。懐かしい味、なんでしょうね。

●リスナーより

「日本では猫ブーム。猫カフェを訪れる外国人も多いとか。猫カフェをご存知ですか?」

●ラジオより

芝田

さて、上野スタッフはご実家で猫を飼っていたんですよね?猫カフェ、行ったことはありますか?

上野

まだ行ったことがなくて、いつか行ってみたいなと思っています。最近は日本だけでなく、タイやオーストリアなどの外国にもあると聞いています。

芝田

そうなんですね。私の日本の友達は、犬を飼っている人の方が多いのですが、外に出かけたとき、ご飯を食べるのにも、どこかに行くにも、犬がいると結構苦労しますよね。とはいえ昔よりはずいぶんと犬を連れても入れるレストランやカフェが増えて便利になりました。それに今はインターネットですぐに検索できますし。イランでは、野良犬よりも野良猫の方が圧倒的に多いですよね。

上野

そうですね。IRIBにも野良猫がたくさん住んでいます。みんな人慣れしていて、かわいいですよ。目が合うと寄ってきますから。犬派、猫派などと言いますが、ラジオ日本語の日本人スタッフは猫派が多い気がします。

●リスナーより

「今日の金曜広場では、貴局への多くのリスナーからの年賀状が紹介されており、うれしくなりました。一人でも多くのリスナーが、ラジオ日本語に耳を傾けてくれるといいですね」

●ラジオより

芝田

本当にたくさんのリスナーの方が年賀状を送ってくださいました。ありがとうございます。ところで、年賀状と言えば、イランももうすぐお正月です。イランのお正月はちょうど春分の日にあたります。イランでもお正月が近づくと大掃除をしますよね。上野スタッフは、大掃除しましたか?

上野

いえ、まだです・・・。

芝田

そうですか。最近は昔ほど、じゅうたんをベランダに干している家を見かけなくなりました。みんな忙しくなったのでしょうか。お便りにあった年賀状について、フーシュファルスタッフに聞いてみたのですが、イランにも、年賀状の習慣があるそうです。日本と同じで、昔はもっと盛んにやり取りが行われていたそうですが、最近は携帯電話でのメッセージなどで済ませてしまうことが多いとか。上野スタッフは、イラン人から年賀状、あるいは新年のメッセージをもらったりしたことはありますか?印象深かったものがあったら、教えてください。

上野

印象深かったのは、携帯電話のメッセージで詩を送ってきた知人です。さすが詩の国だなと思いました。

芝田

確かに詩を送ってくるイラン人は多いですよね。私はお正月になると、昔行ったことのあるお店から、ダイレクトメールが来たりしました。旅行会社とか、タクシー会社とか。日本でもありますが、イランでもこんなことをするんだなと興味深く感じました。

メディア

Add comment