このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2015/10/06(火曜) 22:34

イラン政府高官、「サウジアラビアのイエメン攻撃は戦争犯罪」

イラン政府高官、「サウジアラビアのイエメン攻撃は戦争犯罪」

イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記が、「サウジアラビアのイエメン攻撃は戦争犯罪だ」と語りました。


IRIB記者の報告によりますと、シャムハーニー書記は、6日火曜、イエメン革命最高評議会の代表団と会談し、サウジアラビアのイエメンでの犯罪に触れ、「住宅地、病院、サービス施設への攻撃、罪のない女性や子供の殺害は、イエメンの人々への封鎖と共に、明らかな戦争犯罪に相当する」と語りました。
また、イエメン危機の政治的な方法による解決への国際社会の注目を強調し、「イエメンの各グループの協議と外国の干渉の阻止が、イエメンに安定と治安を取り戻し、相互理解に至るための唯一の方法だ」としました。
一方のイエメンの代表団の責任者もこの会談で、イエメンの政治情勢や戦況に関する最新の報告を提示し、サウジアラビアのイエメンでの犯罪に対する国際機関の沈黙を批判し、「イエメン人が一人でも武器を握れる限り、侵略に対する抵抗は続くだろう」と語りました。
サウジアラビアとその同盟国は、3月26日から、国外に逃亡したイエメンのハーディ元大統領を復権させるため、この国への攻撃を開始しました。
この攻撃により、イエメンの住宅、学校、病院、インフラが破壊された上、数千人が死傷しています。

Add comment