このサイトは更新されていません。新サイトはこちらです。 Parstoday Japanese
2016/02/26(金曜) 23:01

サウジアラビアがイエメンでの犯罪を継続

サウジアラビアがイエメンでの犯罪を継続

サウジアラビアが、イエメンの住宅地に対する攻撃を続けています。

アルアーラムチャンネルによりますと、サウジアラビアが主導する連合軍の戦闘機は、26日金曜、イエメン北部サアダ州の西部を数回に渡って爆撃しました。

この攻撃の被害についてはこれまでのところ報告されていません。

また、イエメンの首都サヌアも爆撃を受けました。

25日木曜にも、サウジアラビア連合軍の戦闘機は、サヌアとイエメン南西部のタイズを攻撃し、この中で15名が死亡、25名が負傷しました。

イエメンからの別の報道によりますと、一方で、イエメンの政府軍と義勇兵によるタイズへの攻撃で、サウジアラビア兵多数が死傷しました。

サウジアラビアは、一部の地域諸国の協力により、アメリカの支援を受け、11ヶ月前からイエメンへの攻撃を開始しており、これまでに数千人が死亡、数百万人が住む家を失っています。

Add comment


Security code
Refresh